【神田】まだ名前のないラーメン屋「無銘」さんの熟成練り醤油らーめんに驚く!

ちゃわん武士です。

神田でラーメンといえば、

などがあります。

今回は、『無銘(むめい)』さんを紹介します。

ちゃわん武士
麺という文字を見て、入るか入らないかは、あなた次第!

無銘(むめい)さんってどんなお店なの?

2013年1月30日創業、神田にあるラーメン屋さんです。

「熟成練り醤油らーめん」と「塩らーめん ~トリュフオイル掛け~」という2種類のラーメンと、「四種の魚介のつけめん」という1種類のつけ麺があります。

どれも、元イタリアンシェフが作る、独創的な一杯に仕上がっています

ランチ、ディナーで楽しめます。

「 」(無銘)と呼ばれていますが、店名ではありません。納得いく一杯が出来上がったときに、店名を付けるようです。

ちゃわん武士
店名は、まだありません!

無銘さんのメニューは?

ラーメン・つけ麺

  • 熟成練り醤油らーめん(並盛/大盛) 850円(税込)
  • 塩らーめん~トリュフオイル掛け~(並盛/大盛) 900円(税込)
  • 四種の魚介のつけめん(並盛) 900円(税込)
  • 四種の魚介のつけめん(中盛/大盛) 950円(税込)
  • 四種の魚介のつけめん(特盛) 980円(税込)

トッピング

  • 茹でキャベツ 50円(税込)
  • 味玉 100円(税込)
  • のり(4枚追加) 100円(税込)
  • 辛トマネギ 120円(税込)
  • チャーシュー(4枚追加) 200円(税込)
  • 具だくさん 200円(税込)
    • 辛トマネギ増量
    • キャベツ増量
    • 味玉1個追加
    • チャーシュー2枚追加
    • のり2枚追加

ご飯もの

  • 肉めし 150円(税込)
  • 味めし 100円(税込)
  • 小めし 100円(税込)

無銘さんでラーメンを食べてきました!

アクセスは?

JR神田駅から4分くらい歩いたところにあります。岩本町駅から3分くらいです。

どんな雰囲気のお店なの?

カウンターのみ、6席の広さの店内です。

▼店内の様子

無銘さん店内

行列・混雑状況は?

平日の20:05過ぎに伺ったときは、並ぶことなく入れました。先客は1名でしたが、しばらくすると満席になりました。1人待ちとなってました。

さて、お味は?

『熟成練り醤油らーめん(並盛)+味玉』を注文しました。

結論からいうと、繊細な一杯と思いきや、結構ワイルドな一杯で、お見事でした。「熟成練り醤油」という新しい食べ物に出会い、丼ぶりの中にあるストーリーも楽しみました。

 

並盛160gと大盛240gは、同一料金です。

並盛にしましたが、キャベツがたくさん入っているので、思った以上に満足感を得られました。

 

ラーメンの上には、熟成練り醤油、キャベツ、チャーシュー、辛トマネギ、味玉がのっていました。

熟成練り醤油らーめん

麺は、太めの平打ちめんで、もっちり&ワシワシとした食感でした。スープをよく吸います。

麺

ベースは、優しい鶏白湯スープとなっています。かなり薄味と書かれていましたが、しっかり味があったので、そこまで薄味とは感じませんでした。

特に、鶏白湯スープとキャベツの相性がよかったです。

中央に鎮座する、熟成練り醤油を溶かして、食べていきます。

▼溶かす前のスープ

スープ

箸でつまむと、崩れてしまうくらいチャーシューも柔らかったですが、味玉もぷるんぷるんでした。

味玉

卓上には、胡麻、胡椒、一味、にんにくなどの調味料がありました。

鶏白湯スープの優しさから始まり、辛トマネギで辛さが加わり、熟成練り醤油で奥行き(コク)がでてきました。さらに、卓上にある調味料を加えると、味変されました。

無銘さんカウンター

丼ぶりの中で、味を変えながら、過程も楽しめるラーメンでした。食べる人によって、それぞれのストーリーが作られるのがいいですね!

ちゃわん武士
丼ぶりの中に「 」というストーリーがありました!

 

ご馳走さまでした。

無銘(むめい)
東京都千代田区神田東松下町49-8
営業時間:[月~土]11:00~21:00 ※売り切れ次第、閉店
定休日:日

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・

宅麺.comとは、有名店の味をご自宅で楽しめる、ラーメンの通販サイトです

 

おすすめポイント

・お店のスープ、麺、具材を、そのまま冷凍して、「お店と同じ味」を届けてくれる

・調理する手間はかかるが、お店へいく交通費、並ぶ時間を節約できる

・ラーメンの種類も豊富で、有名店も参加している

 

宅麺

宅麺してみる