【神田・淡路町・小川町】とんかつやまいちさんで極厚のかつ丼ランチ

ちゃわん武士です。

東京都内でカツ丼といえば、

などが有名です。

今回は、『とんかつ やまいち』さんを紹介します。

ちゃわん武士
極厚のかつ丼だった!

とんかつ やまいちさんってどんなお店なの?

とんかつやまいちさん看板

2007年8月20日創業、淡路町にある、人気のとんかつやさんです。

勝漫出身のご主人が亡き後、奥さんが引き継いで、営業再開しています。

とんかつ、かつ丼に加え、エビフライ、カキフライがあります。特に、特ロースとかつ丼が人気です。

ランチで楽しめます。

ちなみに、食べログのとんかつ百名店 2017〜2019、2021にも選ばれています。

とんかつ やまいちさんのメニューは?

一部のメニューのみ、紹介してます。

定食

  • 特ヒレ 2,300円(税込)
  • 特ロース 2,200円(税込)
  • ヒレ 1,700円(税込)
  • ロース 1,600円(税込)
  • かつ丼 1,750円(税込)
  • ヒレ丼 1,850円(税込)
  • えびフライ(2本) 1,600円(税込)
  • えびフライ(3本) 2,200円(税込)
  • 串カツ 1,400円(税込)
  • 【冬季のみ】カキフライ(3個) 1,600円(税込)
  • 【冬季のみ】カキフライ(4個) 2,000円(税込)

単品

  • えびフライ 600円(税込)
  • 貝柱 300円(税込)
  • 串カツ 500円(税込)
  • ヒレひと口 300円(税込)
  • カキフライ 400円(税込)

とんかつ やまいちさんでかつ丼ランチしてきました!

アクセス(行き方)は?

淡路町駅から2分くらい歩いたところにあります。小川町から2分くらい、JR神田駅から5分くらいです。

どんな雰囲気のお店なの?

カウンターとテーブル合わせて、13席の広さの店内です。

黒を基調とした、シックな空間でした。

とんかつやまいちさん店内

行列・混雑状況は?

土曜の13:10に伺ったときは、並ぶことなく入れました。先客は2組でしたが、後から4組入ってきて、ほぼ満席となりました。

さて、お味は?

『かつ丼』を注文しました。

結論からいうと、美味しかったものの、分厚いかつとご飯の量で、かなりお腹いっぱいになりました。食べきりましたが、ご飯少なめでもよかったです。

 

かつ丼の他には、キャベツ、漬物、味噌汁が付いていました。

まずは、キャベツと漬物がきました。

キャベツと漬物

丁寧さが伝わってくるキャベツでした。とんかつの名店によっても、かなり味や食感が違うので、注目ポイントです。

ちゃわん武士

個性を感じます!

ドレッシングもありましたが、ソースやおろし醤油をかけて、食べるほうが好きでした。

キャベツ

素材の味を生かした、優しい味の漬物でした。

漬物

卓上の調味料が充実しています。ソース、おろし醤油、ドレッシング、塩、醤油、柚子胡椒、七味、らっきょなどがありました。

卓上の調味料

かつ丼と同時に、味噌汁が運ばれてきました。

赤だしの味噌汁で、なめこ、三つ葉が入っており、和を堪能できました。

かつ丼セット

白身と黄身のコントラストが素晴らしく、かなり美しい見た目のかつ丼でした。

かつ丼

なんと、極厚のとんかつでした。分厚いけど、柔らかく、脂のジューシーさもありました。

厚切りとんかつ並の分厚さなので、とんかつだけでも、かなりボリュームがありました。

ちゃわん武士

6〜8切れくらいあったかな…・・

かつ丼の断面

加えて、ご飯も結構入ってました。

卵とじとしては、かなり優しい味付けですが、とんかつのジューシーな脂が、じわじわと効いてきて、かなりお腹いっぱいになりました。

ちゃわん武士

ご飯少なめにしてもらってもよかったかな……

美味しいかつ丼なので、自分に適した量にするのが、ミソかもしれません。どんな料理がきても、フードファイトになると、辛いです。

 

ご馳走さまでした。

とんかつ やまいち
東京都千代田区神田須田町1-8-4 玉井ビル1F
営業時間:[火~土]11:00~13:50
定休日:月日祝

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・

宅麺.comとは、有名店の味をご自宅で楽しめる、ラーメンの通販サイトです

 

おすすめポイント

・お店のスープ、麺、具材を、そのまま冷凍して、「お店と同じ味」を届けてくれる

・調理する手間はかかるが、お店へいく交通費、並ぶ時間を節約できる

・ラーメンの種類も豊富で、有名店も参加している

 

宅麺

宅麺してみる