日本一のカツ丼を求め、西荻窪の坂本屋さんへ【普通だけど普通じゃない逸品】

ちゃわん武士です。

東京都内でカツ丼といえば、

などが有名です。

今回は、『坂本屋(さかもとや)』さんを紹介します。

ちゃわん武士
メニューは、カツ丼のみでした!

坂本屋(さかもとや)さんってどんなお店なの?

坂本屋さん看板

1923年創業、西荻窪にある定食屋さんです。

一時期、休業していたので、このまま閉店してしまうのか?と惜しむ声もありましたが、2019年10月29日から営業再開しています。

「dancyu(ダンチュウ)」という雑誌で、料理評論家の山本益博さんが、”日本一のカツ丼”と称されたことで、「かつ丼」が有名になりました。

昔は、「ラーメン」「チャーハン」「餃子」「かつ丼」「オムライス」「肉野菜炒め定食」などがありましたが、今は「かつ丼」と「ビール」のみです。

店内利用ではなく、テイクアウトもできます。

週3でランチのみの営業となっているので、ご注意ください!

営業時間:[火木土]11:30~15:00
定休日:月水金日

坂本屋さんのメニューは?

  • かつ丼 850円(税込)
  • ビール 550円(税込)

坂本屋さんでカツ丼ランチしてきました!

アクセス(行き方)は?

JR西荻窪駅から3分くらい歩いたところにあります。

どんな雰囲気のお店なの?

カウンターとテーブル合わせて、10席の広さの店内です。

二人で切り盛りしている、アットホームな空間でした。

▼テーブル

坂本屋さん店内

▼店内の様子

坂本屋さん入口

行列・混雑状況は?

平日の13:10に伺ったときは、2〜3組並んでました。10分くらい待つと、入れました。ちなみに、テイクアウトしていくお客さんも2組いました。

退店したときも変わらず、2〜3組並んでました。

さて、お味は?

メニューはカツ丼のみ。そのため、入店するや否やオーダーが通っています。

ご飯少なめにしたい人は、入店するときに伝えるとよいでしょう。

 

2つずつ作る感じなので、提供時間は多少かかっていました。お腹をすかせて、待ちましょう。

しばらくすると、『かつ丼』がきました。味噌汁と漬物が付いてました。

上からカツ丼セット

白身と黄身のコントラストが美しく、グリンピースの緑も映えていました。

特に、グリンピースから、昔ながらなカツ丼だなあと感じました。最近のカツ丼は、グリンピースではなく、三つ葉が多いかもしれません。

グリンピースは、好き嫌いが分かれるかもしれませんね!

カツ丼セット

結論からいうと、なんだかわからんが、美味しいカツ丼でした。素材というよりも、全体的なバランスが神がかっていました。

美しい見た目ですが、町の定食屋さんが出す、普通な感じも兼ね備えています。黄身と白身を溶きすぎないことで、どちらの良さも味わえます。

カツ丼

断面を見ても、とんかつ、卵、グリンピース、玉ねぎ、米が使われており、特に変わったものは見当たりません。

だけど、美味しいカツ丼に仕上がっています。不思議だなあ・・・絶妙なバランスです・・・

あえて挙げると、”玉ねぎの甘み”と”とんかつの脂の甘み”の使い方が、匠でした。

カツ丼断面

サクサクではなく、フニャフニャのとんかつでした。噛むたびに、脂の甘さがでてきます。そこに、玉ねぎの甘みも加わり、ご飯が超絶進みました。

とんかつ

普通のカツ丼のように見えて、普通じゃないカツ丼でした。食材ではなくて、料理の人の腕が伝わってくるカツ丼でした。

850円で、このカツ丼はありがたすぎる・・・日本一のカツ丼は、健在でした。

ちゃわん武士
営業日、営業時間とレベル高めなお店だが、一度は食べておきたいお店でした!

 

ご馳走さまでした。

坂本屋(さかもとや)
東京都杉並区西荻北3-31-16
営業時間:[火木土]11:30~15:00
定休日:月水金日

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・

宅麺.comとは、有名店の味をご自宅で楽しめる、ラーメンの通販サイトです

 

おすすめポイント

・お店のスープ、麺、具材を、そのまま冷凍して、「お店と同じ味」を届けてくれる

・調理する手間はかかるが、お店へいく交通費、並ぶ時間を節約できる

・ラーメンの種類も豊富で、有名店も参加している

 

宅麺

宅麺してみる