【浅草橋】文殊さんには立ち食いそばとは思えない上品さがあった!

ちゃわん武士です。

浅草橋付近は蕎麦の激戦区です。

例えば、

があります。

今回は、『文殊(もんじゅ) 浅草橋店』さんを紹介します。

ちゃわん武士
両国に本店を構える立ち食いそばやさんです。
着々と店舗を増やしている凄さがあります。

文殊(もんじゅ)さんってどんなお店なの?

1995年創業、両国に本店を構える立ち食いそばやさんです。

  • 蕎麦は、自家製の生麺
  • つゆは、鰹枯節でとった一番だし
  • 駅近や駅ナカなどの好立地でアクセスがよい
  • 生卵・ゆで卵の無料サービスあり(開店〜10:00と14:00〜閉店)
  • サービス定食あり

店舗は、両国本店、両国駅前店、浅草橋店、馬喰横山店、浅草駅地下街店、大山店、亀戸店、成増店、志村三丁目店、川越店、市川店があります。

文殊 浅草橋店さんのメニューは?

一部のメニューのみ、紹介してます。

蕎麦・うどん

  • かけ 320円(税込)
  • 冷し 370円(税込)
  • ざる 420円(税込)
  • かき揚げ 420円(税込)
  • 春菊 420円(税込)
  • きつね 420円(税込)
  • たぬき 420円(税込)
  • 山菜 420円(税込)
  • わかめ 420円(税込)
  • おろし 420円(税込)
  • おろし納豆 490円(税込)
  • 月見 370円(税込)
  • とろろ 490円(税込)
  • カレー 450円(税込)

ご飯

  • カレーライス 480円(税込)
  • カツカレー 610円(税込)
  • ごはん 110円(税込)

定食

  • サービス定食
    • 例)冷やしたぬきおろしそば+ミニ天丼 or ミニカレー or ミニ鶏丼
    • 冷やしたぬきおろしそば+ミニカツカレー
  • そば定食 560円(税込)
    • そば or うどん+天丼 or カレー or 鶏丼
  • ざる定食 610円(税込)
    • ざるそば or ざるうどん+天丼 or カレー or 鶏丼

文殊 浅草橋店さんで立ち食いそばしてきた!

文殊さん外観

アクセス(行き方)は?

JR浅草橋駅から1分くらい歩いたところにあります。ひさごさんは、線路を挟んで、真裏で、どちらも高架下です。

どんな雰囲気のお店なの?

カウンターのみ、11席の広さの店内です。

いい感じに年季入っており、蕎麦と向き合える空間でした。

文殊さんカウンター

行列・混雑状況は?

平日の20:00に伺ったときは、並ぶことなく入れました。先客は3〜4人でした。

さて、お味は?

『春菊そば+生卵』を注文しました。

カウンター越しに作る工程を見ていましたが、丁寧さが伝わってきました。特に、信じられないほど、熱々したつゆが印象的でした

やはり、所作は、料理にも伝わってくるものです。

春菊そば+生玉子

蕎麦の上には、ねぎ、春菊天、生卵が盛り付けられていました。

特に、そびえ立つ春菊天が美しかったです。立ち食いそばといえども、盛り付け方ひとつで、惹きつけられる魅力が全然違うなあと感じました。

横から春菊そば+生玉子

細くて上品な蕎麦のギャップにやられました。これは、もりそばにしても良さそうです。

蕎麦

春菊天のカリカリ感は、作り置きだからこそ、成せる技です。熱々のつゆに浸しながら、身を任せて、味わい尽くしました。

ちゃわん武士

春菊のほどよい苦味が堪らん!

春菊天

全体的には、上品な一杯に仕上がってました。たしかに、立ち食いそばと思えないクオリティーだという人の意見も納得できます。

 

立ち食いそばやさんの中には、「冷やし」はあるものの「もり」がないお店も多い。経験上「もり」があり、その「もり」が美味しいと評判のお店では、レベルが高い蕎麦を頂けます。お店選びの基準にしてみてください!

ちゃわん武士
立ち食いそばの文化を後世にも残したい!

 

ご馳走さまでした。

文殊(もんじゅ) 浅草橋店
東京都台東区浅草橋1-17-12
営業時間:[月~金]6:00~23:00
定休日:土日祝

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・

宅麺.comとは、有名店の味をご自宅で楽しめる、ラーメンの通販サイトです

 

おすすめポイント

・お店のスープ、麺、具材を、そのまま冷凍して、「お店と同じ味」を届けてくれる

・調理する手間はかかるが、お店へいく交通費、並ぶ時間を節約できる

・ラーメンの種類も豊富で、有名店も参加している

 

宅麺

宅麺してみる