【池尻大橋】和利道さんのつけ麺は、昼と夜で2度楽しめる【ラーメンは夜限定】

ちゃわん武士です。

池尻大橋で、ラーメン、つけ麺など麺類といえば、

  • 八雲(やぐも)さん
  • 和利道(わりと)さん
  • カミノさん
  • 香港麺 新記(しんき) 三宿本店さん
  • 鶏舎(ちいしゃ)さん

などがあります。

今回は、『和利道(わりと)』さんを紹介します。

和利道(わりと)さんってどんなお店なの?

2009年9月14日創業、池尻大橋にあるラーメン屋さんです。

濃厚なつけめんを食べることができます。

  • 昼が豚ベース、夜が鶏ベースと味が異なる
  • 麺の量は、並中大と同一金額
  • つけ汁に、焼き石(ホットストーン)を落としてくれるサービスがある
  • 夜限定で、煮干しラーメンも食べられる

ちなみに、テレビ番組「人生最高レストラン」の勝地涼さんゲストの回で、紹介されてました。

営業日については、和利道さんのツイッター(twitter)をご覧ください!

 ツイッターをみる

和利道さんのメニューは?

一部のメニューのみ、紹介してます。

ラーメン、つけ麺、まぜそば

  • 和利道つけめん 1,200円(税込)
  • 味玉つけめん 1,000円(税込)
  • 辛つけめん 1,000円(税込)
  • つけめん 900円(税込)
  • 和利道あつもり 1,200円(税込)
  • 味玉あつもり 1,000円(税込)
  • 辛あつもり 1,000円(税込)
  • あつもり 900円(税込)
  • まぜそば 950円(税込)
  • 【夜限定】煮干しそば 950円(税込)

トッピング、オプション

  • トッピング和利道 300円(税込)
  • トッピング味玉 100円(税込)
  • トッピングメンマ 150円(税込)
  • トッピング辛 100円(税込)
  • トッピングねぎ 150円(税込)
  • トッピング野菜 150円(税込)
  • トッピング肉盛り300円(税込)
  • 麺追加200g 200円(税込)
  • ラーメン替玉 100円(税込)
  • 麺変更券 極太ちぢれ麺 無料
ちゃわん武士
和利道つけめんは、煮卵、チャーシュー、メンマ、ネギが別皿で付いてます。

和利道さんでつけ麺を食べてきました!

アクセスは?

池尻大橋駅から8分くらい歩いたところにあります。

どんな雰囲気のお店なの?

Lの字型のカウンターのみ、12席の広さの店内です。

▼店内の様子
どの席からも作っている様子が見れます。

和利道さん店内

▼カウンター
卓上には、酢、ホワイトペッパー、ブラックペッパー、一味の調味料が置いてました。

和利道さんカウンター

行列・混雑状況は?

平日の19:00に伺ったときは、並ぶことなく入れました。お客さんの混雑度は、8割程度でした。

みるみるうちに、満席になり、2組並んでました。

さて、お味は?

『つけめん』を注文しました。

  • 並盛:200g
  • 中盛:250g
  • 大盛:300g

並盛にしました。

上からつけめん

麺とつけ汁のシンプル設計でした。

つけめん

中太麺で、麺だけでもいけます。四角い断面が、印象的でした。”角”がいい食感を生み出してました。

かなり歯ごたえがよい麺でした。

麺

つけ汁は、ドロッとしており、濃厚でした。昼は、豚ベース(豚ガラ+魚介だし)で、夜は、鶏ベース(鶏ガラ+魚介だし)となっています。

底には、分厚いチャーシューが隠れてました。

つけ汁

つけ汁は、麺ともよく絡みます。

つけ汁につけた麺

つけ汁に、焼き石(ホットストーン)を落としてくれるサービスがあるので、必要であれば、店員さんへ伝えましょう!

卓上にあったポットに、スープが入っていたので、最後は、スープ割して、楽しみました。

スープ割

ちなみに、ラーメンの麺の量も選べます。

  • 並盛:120g
  • 中盛:150g
  • 大盛:180g

「つけめんTETSU」の姉妹店「つけめん102」から独立したお店なので、TETSU系を感じさせる、王道のつけめんでした。

ちゃわん武士
昼のつけ麺も気になりますね!

 

ご馳走さまでした。

和利道(わりと)
東京都目黒区青葉台3-7-10 Cross One 1F
営業時間:[木〜火]11:00~15:30 18:00~21:00
定休日:水

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・

宅麺.comとは、有名店の味をご自宅で楽しめる、ラーメンの通販サイトです

 

おすすめポイント

・お店のスープ、麺、具材を、そのまま冷凍して、「お店と同じ味」を届けてくれる

・調理する手間はかかるが、お店へいく交通費、並ぶ時間を節約できる

・ラーメンの種類も豊富で、有名店も参加している

 

宅麺

宅麺してみる