赤坂でラーメン。「だんだんめん」という名の担々麺が人気の支那麺 はしごさん

支那麺 はしごさん

ちゃわん武士です。

溜池山王駅付近でラーメンをお探しなら、

  • 担々麺の、支那麺 はしご 赤坂店さん
  • 博多らーめんの、由丸 溜池店さん
  • 北海道ラーメンの、元祖 札幌や 溜池店さん
  • 舎鈴 赤坂インターシティAIRさん
  • あごだしラーメンの、赤坂麺処 友(とも)さん

などがあります。

赤坂・溜池山王エリアのラーメン事情についてまとめています。

 詳しくみる:【2024年版】深夜営業している赤坂・溜池山王のラーメン屋さんをまとめてみた!

今回は、『支那麺 はしご 赤坂店』さんを紹介します。

ちゃわん武士
だんだんめんが人気です!

支那麺 はしごさんってどんなお店なの?

昭和39年創業のだんだんめん」という名の担々麺が人気のラーメンやさんです。

美しい見た目、繊細な麺、やみつきになるスープは、辛いもの好きだけなく、多くの人を虜にします。

店舗は、銀座、銀座8丁目、赤坂、入船にあります。特に、銀座本店は、女性でも入りやすいお店です。

支那麺 はしご 赤坂店さんのメニューは?

温かいラーメン

  • 担々麺(だんだんめん) 900円(税込)
  • 搾菜担々麺(ざあさいだんだんめん) 1,000円(税込)
  • 鶏絲担々麺(ちいすいだんだんめん) 1,100円(税込)
  • 太肉担々麺(だあろうだんだんめん) 1,100円(税込)
  • 排骨担々麺(ぱいこうだんだんめん) 1,100円(税込)
  • 酸紅麺(さんほうめん) 900円(税込)
  • 搾菜酸紅麺(ざあさいさんほうめん) 1,000円(税込)
  • 鶏絲酸紅麺(ちいすいさんほうめん) 1,100円(税込)
  • 太肉酸紅麺(だあろうさんほうめん) 1,100円(税込)
  • 排骨酸紅麺(ぱいこうさんほうめん) 1,100円(税込)
  • 搾菜めん 800円(税込)
  • 鶏絲めん 1,000円(税込)
  • 太肉めん 1,000円(税込)
  • 排骨めん 1,000円(税込)

冷たいラーメン

  • 鶏絲涼麺(ちいすいりゃんめん) 1,000円(税込)
  • 太肉涼麺(だあろうりゃんめん) 1,000円(税込)

一品料理

  • 焼賣(しゅうまい) 4個:400円(税込) 1個:100円(税込)
  • 餃子(ぎょうざ) 5コ:900円(税込)

【溜池山王】支那麺 はしご 赤坂店さんで担々麺を食べてきた!

支那麺 はしご 赤坂店さんまでのアクセス(行き方)、お店の雰囲気、行列や混雑状況、料理を食べた感想を書いてます。

アクセスは?

溜池山王駅から1分くらい歩いたところにあります。

どんな雰囲気のお店なの?

カウンターのみ、21席の広さの店内です。

支那麺 はしごさん店内

行列・混雑状況は?

平日の19:00に伺ったときは、並ぶことなく入れました。
1〜2割の混雑度でした。

さて、お味は?

『担々麺(だんだんめん) 』を注文しました。

辛さは、

  • マイルド
  • 普通辛
  • 中辛
  • 大辛

から選べます。

ちなみに、ご飯は無料です。

上から担々麺

マイルドにしたので、辛くはありませんでした。
どちらかというと、味が濃い(塩辛い?)と感じたので、ご飯がにめちゃくちゃ進みます。

担々麺

麺はかなり細麺で、つるつるといけます。

ちゃわん武士
繊細だなぁ・・・

麺

ペースト状のスープは、麺とよく絡まり、澄んだスープは、心に安らぎを与えてくれます。
やみつきになる味です。

スープ

卓上には、からし、ラー油などの調味料と。たくあんの漬物がありました。
ちなみに、龍馬たくわんというらしい。

卓上の調味料

肉が詰まった、焼賣(しゅうまい)も1個から頼めるので、ご飯のお供に食べるのも良いでしょう!

実は、赤坂エリアは担々麺の激戦区です!

専門店、ラーメン屋、中華料理屋を中心に、赤坂エリアで担々麺を食べれるお店をまとめています。

 詳しくみる:赤坂エリアの担々麺をまとめてみた【専門店、ラーメン屋、中華料理屋から選ぶ】

 

ご馳走さまでした。

支那麺 はしご 赤坂店
東京都港区赤坂2-2-21 永田町法曹ビル1F
営業時間:[月~金]11:00~翌1:00 [土日祝]11:00~21:00
定休日:なし

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・

宅麺.comとは、有名店の味をご自宅で楽しめる、ラーメンの通販サイトです

 

おすすめポイント

・お店のスープ、麺、具材を、そのまま冷凍して、「お店と同じ味」を届けてくれる

・調理する手間はかかるが、お店へいく交通費、並ぶ時間を節約できる

・ラーメンの種類も豊富で、有名店も参加している

 

宅麺

宅麺してみる