森乃園さんの甘味処で一休み【人形町を漂うほうじ茶の香りに釣られてまう】

ちゃわん武士です。

人形町グルメといえば、

  • ブラザーズ 人形町本店さんの、ハンバーガー
  • 鳥料理 玉ひでさんの、親子丼
  • 洋食小春軒さんの、カツ丼
  • 洋食キラクさんや、そよいちさんの、ビーフカツレツ・ポークソテー
  • 芳味亭さんの、ビーフスチュー
  • 人形町今半さんの、しゃぶしゃぶ
  •  麺 やまらぁさんや、crab台風。さんの、のラーメン
  • 福そばさんの、立ち食いそば
  • スパゲティ 心さんの、スパゲッティー
  • 柳屋さんの、たいやき
  • 清寿軒さんの、どらやき
  • シュークリーさんの、シュークリーム
  • 森乃園さんの、ほうじ茶

などがあります。

今回は、『森乃園(もりのえん)』さんを紹介します。

ちゃわん武士
ほうじ茶三昧してきた!

森乃園(もりのえん)さんってどんなお店なの?

1914年創業、人形町にある自家焙煎ほうじ茶専門店です。1階はお茶の販売店で、2階は甘味処となってます。

販売店では、お茶の販売だけでなく、ほうじ茶アイスや、ほうじ茶ソフトも買えます。人形町で食べ歩きするときには、もってこいのアイテムでしょう。

甘味処では、ほうじ茶だけでなく、ほうじ茶パフェ、ぜんざい、あんみつを食べれます。

人形町駅を降りたら、ほうじ茶のいい香りが漂ってきます。

お店からのお知らせは、インスタグラム(instagram)や、ツィッター(twitter)をご確認ください!

インスタグラムをみる

 ツイッターをみる

森乃園さんのメニューは?

一部のメニューのみ、紹介してます。

パフェ・あんみつ

  • ほうじ茶パフェ 1,410円(税込)
  • ほうじ茶あんみつ 1,300円(税込)
  • 栗あんみつ 1,140円(税込)
  • クリームあんみつ 1,070円(税込)

ぜんざい

  • ほうじ茶ぜんざい(温/冷) 1,200円(税込)
  • ぜんざい(温/冷) 1,100円(税込)

飲み物

  • 極上ほうじ茶 セット:310円(税込) 単品:530円(税込)
  • 棒ほうじ茶  セット:350円(税込) 単品:570円(税込)
  • レモングラスほうじ茶 セット:630円(税込) 単品:850円(税込)
  • どくだみほうじ茶 セット:540円(税込) 単品:760円(税込)
  • ほうじ茶ラテ 660円(税込)
  • ほうじ茶ラテフロート 780円(税込)
  • ほうじ茶ビール 880円(税込)

【人形町】森乃園さんでほうじ茶を満喫してきた!

アクセス(行き方)は?

人形町駅から1分くらい歩いたところにあります。芳味亭さんの前です。

30m先からでも、ほうじ茶のいい香りが漂ってきます。

どんな雰囲気のお店なの?

テーブルのみ、20席の広さの店内です。アットホームな空間でした。

▼テーブル

森乃園さんテーブル

▼店内の様子

森乃園さん店内

行列・混雑状況は?

日曜の16:40に伺ったときは、並ぶことなく入れました。お客さんは、2組いました。

さて、お味は?

『ほうじ茶あんみつ+極上ほうじ茶』を注文しました。

結論からいうと、ほうじ茶三昧で、ほっこり一休みできました。

 

しばらくすると、料理と飲み物が運ばれてきました。

ほうじ茶あんみつ+極上ほうじ茶

ほうじ茶あんみつは、手作りのほうじ茶の飴(シロップ)をかけて、食べます。

ほうじ茶あんみつ

中には、ほうじ茶アイス、あんこ、寒天、白玉、餅みたいなやつ、さくらんぼ、みかんが入ってました。特に、あんこと寒天はたっぷり入ってました。

ほうじ茶アイスは、甘さ控えめなので、ほうじ茶のシロップとの相性もよかったです。

一口のほうじ茶あんみつ

ほうじ茶は、ポットサービスでした。

極上ほうじ茶セット

飲んだ瞬間、ほうじ茶の香りが広がりました。香ばしさも感じつつ、気持ちをほっこりしてくれるお茶でした。

極上ほうじ茶

ほうじ茶あんみつと、極上ほうじ茶のほうじ茶コンボで、ほうじ茶専門店を満喫してきました。

 

ご馳走さまでした。

森乃園(もりのえん)
東京都中央区日本橋人形町2-4-9
営業時間:[火〜金]13:00~17:30 [土日祝]12:00〜18:00
定休日:月

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・

宅麺.comとは、有名店の味をご自宅で楽しめる、ラーメンの通販サイトです

 

おすすめポイント

・お店のスープ、麺、具材を、そのまま冷凍して、「お店と同じ味」を届けてくれる

・調理する手間はかかるが、お店へいく交通費、並ぶ時間を節約できる

・ラーメンの種類も豊富で、有名店も参加している

 

宅麺

宅麺してみる