恵比寿の山半(やまはん)さんで松山名物鍋焼きうどんが食べれるよ!

ちゃわん武士です。

都内で有名なうどんやさんといえば、六本木、銀座、新宿にある『つるとんたん』さん、神保町にある『丸香(まるか)』さん、新宿にある『慎(しん)』さん、五反田、新橋、中目黒にある『おにやんま』さん、渋谷にある『やしま』さんなどがあります。それぞれ特徴があり、どれも美味しいです。

今回は、愛媛県松山名物の「鍋焼きうどん」が食べられるうどん屋さんである、『山半』さんを紹介させていただきます。『山半』さんは、麻布十番、恵比寿(恵比寿ガーデンプレイス内)、秋葉原(ヨドバシAkiba内)に店舗を構えています。

恵比寿店をもとに、『山半』さんの魅力について語りたいと思います。

山半さんの雰囲気は?

44席で全席禁煙となります。カウンター席もあるので、女性一人でも入りやすいと思います。

山半さんのメニューは?

人気のうどんメニューのみ紹介

  • 松山名物鍋焼きうどん 850円(税抜)
  • 天婦羅おろしうどん 1,380円(税抜)
  • きつねうどん 750円(税抜)
  • 山半ちゃんぽんうどん 930円(税抜)
  • 秘伝カレーうどん 950円(税抜)
  • かしわ天うどん 900円(税抜)
  • 山半特製かき揚げうどん 950円(税抜)
  • やわらか牛すじうどん 880円(税抜)
  • 生醤油うどん 680円(税抜)
  • 海老と帆立のクリームうどん 1,030円(税抜)

山半さんに行ってきました!

ディナー(恵比寿店)編

『松山名物鍋焼きうどん』を注文しました。

卵、ちくわ、かまぼこ、揚げ、肉、ネギが入っていました。素朴でシンプルな見た目です。土鍋ではなく、アルミ製の鍋で、提供されているのが松山の鍋焼きうどんだそうです。

松山鍋焼きうどん
熱々なので、ご注意ください。

讃岐と伊予で修行した職人が生み出したのが、山半のうどん。そういった背景もあって、「讃岐うどん」と「伊予うどん」の間のような太さのうどんになっています。もちっとした食感で、噛み応え抜群!つるっとした、のどこしが楽しめるうどんとなっています。

「麺」と「卵」を絡めて食べると、鍋焼きうどんの良さが、さらに伝わってきます。

太麺のうどん

四国の素材をふんだんに使って作った出汁は、少し甘めの味です。

卓上には、「天かす」と「とろろ昆布」が置かれています。とろろ昆布の入れ放題は珍しいですね!甘めのダシをたっぷり吸い込んだ、とろろ昆布は、うどんともマッチしていました。

とろろ昆布

山半さんでは、「うどん」の他に、「おでん」も食べることができます。こちらもお試しください。

ご馳走さまでした。

恵比寿山半
東京都渋谷区恵比寿4-20-4 恵比寿ガーデンプレイス グラススクエア B1F
営業時間:11:00~23:00
定休日:不定休(恵比寿ガーデンプレイスに準ずる)

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・