池袋で塩ラーメンといえば、塩そば専門店 桑ばらさん【塩を感じる一杯だった】

ちゃわん武士です。

池袋は、言わずと知れたラーメンの激戦区です。

何をもって、激戦区とするかは、あいまいかもしれませんが、データをみると、想像以上に、凄いエリアだということがわかります。

一つは、食べログの池袋ラーメンランキングです。

2021年2月時点で、上位36位が、3.5以上です。3.5以上だけでも、36店舗なので、それ以外の店舗を含めると、想像以上に、凄いエリアだということがわかります。

なかでも、有名店だと、

  • 麺屋 Hulu-lu(フルル)さん
  • 塩そば専門店 桑ばらさん
  • 元祖めんたい煮こみつけ麺さん
  • 無敵家さん
  • 屯ちん 池袋本店さん

などがあります。

今回は、『塩そば専門店 桑ばら』さんを紹介します。

塩そば専門店 桑ばらさんってどんなお店なの?

2013年6月4日創業、池袋にある塩ラーメン専門店です。「塩そば専門店 まるきゅうらあめん」から改名しました。

  • 麺が固め
  • スープはしょっぱめ
  • 店内狭め

テイクアウトメニューもあります。

ちゃわん武士
賛否両論あるかもしれないが、中途半端な味は作らないという心意気が感じられた一杯でした。

塩そば専門店 桑ばらさんのメニューは?

塩そば専門店 桑ばらさんメニュー

一部のメニューのみ、紹介してます。税込価格で表記してます。

ラーメン、油そば

  • 【3番人気】塩そば 800円
  • 【1番人気】塩玉そば 900円
  • 梅塩そば 950円
  • 【2番人気】塩ワンタンそば 1,050円
  • 塩チャーシューそば 1,100円
  • 冷やし塩油そば 900円
  • 冷やし塩そば 950円
  • 塩かけそば定食 850円
  • 麺が太い塩そば 950円
  • 塩煮干しそば 950円
  • 特製塩そば 1,100円
  • 塩坦々麺 900円
  • 元祖チャー麺定食 750円
  • 塩油そば 並 800円
  • 塩油そば 中 850円
  • 塩油そば大 900円

ご飯類

  • 玉子ごはん 250円
  • 塩豚めし 350円
  • チャーマヨ丼 350円

トッピング、オプション

  • 大盛 100円
  • 半熟玉子 100円
  • ワンタン 250円
  • チャーシュー 300円
  • 特製トッピング 300円

テイクアウト

  • 塩豚めし 600円
  • チャーマヨ丼 600円
  • 桑ばらチャーシュー丼 750円

塩そば専門店 桑ばらさんで塩ラーメンを食べてきました!

アクセスは?

JR池袋駅から7分くらい歩いたところにあります。

どんな雰囲気のお店なの?

カウンターのみ8席の広さの店内です。こじんまりした空間です。

塩そば専門店 桑ばらさん店内

行列・混雑状況は?

祝日の13:40に伺ったときは、ほぼ並ぶことなく入れました。お客さんの混雑度は、9割程度でした。タイミングによっては、3〜4人待ってました。

さて、お味は?

『塩玉そば』を注文しました。

味付玉子、メンマ、海苔、炙りチャーシュー、魚粉がのっていました。

上から塩玉そば

炙りチャーシューのワイルドさと、澄み渡るスープの輝き、それ越しに見える細麺の繊細さが、共存する見た目でした。

塩玉そば

硬めの細麺で、しっかりした食べごたえを感じました。

麺

透き通るスープとは裏腹に、しっかりした塩味でした。確かに、塩辛めでした。

スープ

表面がカリカリになるまで炙った、大きなチャーシューは、存在感抜群でした。

ちゃわん武士
柔らかいチャーシューが増えてきたからこそ、歯ごたえのあるチャーシューのありがたみがよく分かります。

炙りチャーシュー

少し塩辛いと感じた人は、卓上にあった、柚子胡椒を入れると、かなりすっきりします。ぜひお試しあれ!

塩ラーメンを尖らせたような味なので、好き嫌いがはっきり分かれそうです。刺さる人には、めちゃくちゃ刺さる、しっかりした「塩」を感じる、個性的な一杯でした。

 


エリア別にラーメン屋さんをまとめています!


 

ご馳走さまでした。

塩そば専門店 桑ばら
東京都豊島区東池袋1-27-5 関口ビル 1F
営業時間:11:00~19:00
定休日:なし

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・

宅麺.comとは、有名店の味をご自宅で楽しめる、ラーメンの通販サイトです

 

おすすめポイント

・お店のスープ、麺、具材を、そのまま冷凍して、「お店と同じ味」を届けてくれる

・調理する手間はかかるが、お店へいく交通費、並ぶ時間を節約できる

・ラーメンの種類も豊富で、有名店も参加している

 

宅麺

宅麺してみる