【新宿ミロード】逆輸入したメンショー サンフランシスコさんで、創作ラーメンを食べる

ちゃわん武士です。

新宿でラーメンといえば、

  • 醤油ラーメンの、らぁ麺 はやし田 新宿本店さん
  • 塩ラーメンの、麺屋海神(めんやかいじん)さん
  • 鶏白湯ラーメンの、麺屋 翔 本店さん
  • 創作ラーメンの、メンショー サンフランシスコ(MENSHO SAN FRANCISCO)さん
  • つけめんといえば、風雲児さんや、つけ麺 五ノ神製作所 新宿店さん

などがあります。

今回は、『メンショー サンフランシスコ(MENSHO SAN FRANCISCO)』さんを紹介します。

メンショー サンフランシスコ(MENSHO SAN FRANCISCO)さんってどんなお店なの?

メンショー サン フランシスコさん

2018年7月13日、新宿にオープンした、ラーメン屋さんです。いろいろな創作ラーメンを食べることができます。

麺や庄のグループで、サンフランシスコで、2年連続ミシュランに輝いた、海外進出店が、日本へ逆輸入してきた感じになります。

メンショー サンフランシスコさんのメニューは?

一部のメニューのみ、紹介してます。

ラーメン・つけ麺

  • チーズ鶏白湯らぁめん 920円
  • 抹茶鶏白湯らぁめん 920円
  • 鶏白湯らぁめん 810円
  • 甘エビのビスクつけ麺 930円
  • トウモロコシの冷たいらぁめん 990円
  • 甘エビのビスク麺 920円
  • 黒毛和牛醤油らぁめん 2,000円

セットメニュー

  • 唐揚げリゾットセット 340円
  • 西海岸サラダ&ドリンクセット 340円
  • もちもち餃子&リゾットセット 340円
  • チャーシュー丼&ドリンクセット 440円
  • おつまみセット 580円

メンショー サンフランシスコさんのラーメンを食べてきました!

アクセスは?

JR新宿駅から2分くらい歩いたところ、新宿ミロードの7階にあります。

ちゃわん武士
駅近であるものの、あまり行かないエリアだったので、新鮮な気分でした。

どんな雰囲気のお店なの?

カウンターとテーブル合わせて、20席くらいの広さの店内です。感染症対策とし、椅子を減らし、席数を減らしてました。

メンショー サン フランシスコさん店内

行列・混雑状況は?

平日の20:00過ぎに伺ったときは、並ぶことなく入れました。お客さんは、3〜4組いました。

さて、お味は?

ビスク好きなので、ビスクラーメンと迷いましたが、前から気になっていた『抹茶鶏白湯らぁめん』を注文しました。

結論からいうと、不味くはなかったけど、他のメニューの方がよかったかな?という印象でした。

上から抹茶鶏白湯らぁめん

やはり、緑色に目が奪われました。

抹茶鶏白湯らぁめん

ラーメンの上には、葱、メンマ、チャーシュー、抹茶がのっていました。

抹茶鶏白湯らぁめん

麺は、中太のストレート麺で、歯ごたえのある食感でした。ストレート麺ながらも、とろみのある緑のスープがよく絡まります。

麺

緑色ですが、抹茶の感じはほとんど感じません。むしろ、麺をすするときに、ほのかに抹茶を感じる程度でした。

純粋な鶏白湯スープとは、違う不思議な味でした。

スープ

表面を、バーナーで炙っているのような、四角いチャーシューが2枚入っていました。

チャーシュー

新しい食体験へのチャレンジや、「抹茶」と「鶏白湯」の異色のコラボを一定の味までまとめあげる力は、さすがの麺や庄のグループだと思いました。

見た目のインパクトは凄いものの、どうしても、イメージが先行して、「抹茶じゃなくてもいいんじゃないか?」というのが、頭の中によぎります。

緑の食べ物だと、翡翠チャーハンを思い浮かべましたが、「ほうれんそう」と「鶏白湯」なら、ヘルシーなイメージがあります。

食べる前の、食べる側のイメージって大事だと学びました。

ちゃわん武士
野菜のポタージュスープに近いので、イメージしやすいかも♪

 

ご馳走さまでした。

メンショー サン フランシスコ(MENSHO SAN FRANCISCO)
東京都新宿区西新宿1-1-3 新宿ミロード 7F
営業時間:11:00~21:00
定休日:なし

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・

宅麺.comとは、有名店の味をご自宅で楽しめる、ラーメンの通販サイトです

 

おすすめポイント

・お店のスープ、麺、具材を、そのまま冷凍して、「お店と同じ味」を届けてくれる

・調理する手間はかかるが、お店へいく交通費、並ぶ時間を節約できる

・ラーメンの種類も豊富で、有名店も参加している

 

宅麺

宅麺してみる