目黒でとんかつといえば、とんきさん。1939年創業のプロフェッショナル集団でした!

ちゃわん武士です。

目黒にある、『とんき』さんに行ってきました。1939年の創業から79年続いている、老舗のとんかつ屋さんです。『鬼平犯科帳』などの作品を手がけた、作家の池波正太郎さんも愛したと言われています。

何よりもすごいと思ったのは、「チームワーク」

トマト・キャベツをお皿に盛りつける人、お椀(豚汁)を注ぎ、出す人、米をよそう人、とんかつを揚げる人・切る人、お客さんを案内する人、見えなかったけど、食器を洗う人などが、みなさん、本当に手際よく仕事をしていく姿に、ちょっと感動しました。
お客さんから言われる前に気づく、「気遣い」が、まさにプロフェッショナル集団でした。大将(指揮官)さんを中心に、全体が最適化されて動いているように感じました。

老舗の『とんき』さん、すごい!

とんかつ とんき 目黒本店さんの雰囲気は?

1階は、めちゃくちゃ大きい、コの字型のカウンター。その後ろに、待っている人の席も並べられ、もはや、アトラクションかと思わせる店内。カウンターに座ってからも、できるまでの過程も楽しめちゃうので、まさに、とんかつエンターテイメント。2階は、座敷なので、人数が多ければ、2階に案内されます。

国籍、年齢層も様々で、幅広い客層から愛されています。店構えで少し敷居高そう?と感じるかもしれませんが、全然大丈夫です。1人でも来られてかたもたくさんいます。

人気店なので並んでいたり、とんかつを揚げる時間もあるので、時間には余裕をもってくるのがいいかと思います。

職人さんが多すぎた笑。お弟子さんかな?
とんかつとんき店内

とんかつ とんきさんのメニューは?

  • ロースカツ定食 1,900円
  • ヒレカツ定食 1,900円
  • 串カツ定食 1,400円

※ご飯、キャベツ、豚汁のおかわり自由

他、ビールやとんかつだけもあります。あと、お弁当もやっているみたい。

とんかつ とんきさんのとんかつを食べてきました!

『ロースカツ定食』を注文しました。

とんかつの他に、漬物、豚汁もつきます。

上からロースカツ定食

肉厚なロースカツ。衣がサクサクで、すぐ肌けるほど、優しく包まれています。

ロースカツ

キャベツもみずみずしく、シャキシャキでした。卓上には、「ソース」と「七味」があったので、お好みで。

とんきさん初めての方へ

※まず注文してから待つお店です

  1. まず、ロース、ヒレ、串カツの中から選んで、注文する
  2. 待機席で待つ(席が埋まっているとき)
  3. カウンターに案内され、とんかつがくるのを待つ

注文を受けた順番で案内してくれます。順番を覚えてくれています。すごい!抜かれるんじゃないかという心配もありません。おそらく、お客さんの待つ時間を少しでも短くしたいという想いから、この順番になったかと思われます。

ご馳走さまでした。

 

とんかつ とんき 目黒本店
東京都目黒区下目黒1-1-2
営業時間:16:00~22:45
定休日:火曜日、第3月曜日 (年末年始・夏季休業あり)

 

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・