銀座でラーメン。共楽さんが3年ぶりに復活したので行ってきた!

ちゃわん武士です。

最近、自家製麺のラーメンをテーマに食べ歩いています。

チャーシューメンの違いを知るために

  • 恵比寿の中華そば すずらんさん
  • 銀座の共楽(きょうらく)さん
  • 高円寺の麺屋はやしまるさん

を訪問中です。

今回は、『共楽(きょうらく) 』さんを紹介します。

共楽(きょうらく) さんってどんなお店なの?

1956年創業のラーメンやさんです。立て直し工事のため、2016年3月16日閉店していました。2019年5月30日、3年ぶりに復活しました。

「昔ながら」という言葉がピッタリの中華そばを味わうことができます。

共楽(きょうらく) さんのメニューは?

ラーメン

  • ワンタン麺 1,000円
  • チャーシューメン 1,100円
  • チャーシューワンタン麺 1,300円
  • 中華ソバ 800円
  • 竹の子ソバ 800円
  • 冷やし中華 900円

麺なし

  • チャーシューワンタン 1,100円
  • ワンタン 800円

トッピング

  • 麺大盛 50円
  • 麺特盛 100円
  • チャーシュー増し 300円
  • 雲呑の大盛 200円
  • 竹の子 150円

一品料理、お酒

  • チャーシュー皿盛 500円
  • ビール 500円
  • 日本酒 400円

共楽さんのラーメンを食べてきました!

ランチ(銀座)編

アクセスは?

銀座駅から3分くらい歩いたところにあります。銀座一丁目駅からは4分くらい、JR有楽町駅からは5分くらいです。

どんな雰囲気のお店なの?

18席の広さの店内です。土曜の14時頃に訪問したときは、並ばずに入れましたが、引っ切り無しにお客さんがきてました。

券売機もありましたが、店員さんにメニューを伝え、お金を渡すシステムでした。

券売機を買ってから、渡して、食べるラーメンやさんが、多くなってる中、この一手間も意図してやられているのかなと感じました。

さて、お味は?

『チャーシューワンタンメン』を注文しました。

ここがすごい!

  • 3代目が作った自家製麺を採用
  • 一手間かけたチャーシュー
  • また来たくなる接客(特にお店の全員で接客している)

見た目は、イメージ通りの王道の中華そば。

チャーシューワンタン麺にしたので、贅沢な一品。

チャーシューワンタンメン

▼麺
自家製のストレート麺は、そこまで主張するわけではなく、名脇役に努めてくれていました。

麺

▼チャーシュー
柔らかいけど、噛みごたえがあり、噛めば噛むほど味わい深いチャーシューでした。
秘密は調理法。

チャーシュー

▼わんたん
ちょこんと肉が入っていました。スープが染み込んでトロトロだけど、食感は残っています。

ワンタン

驚きよりも安心感。なんてことない中華そばと思いきや、なんてことある、奥行きと深さを感じたラーメンでした。

ご馳走さまでした。

共楽(きょうらく)
東京都中央区銀座2-10-12
営業時間:[月~金]11:00~18:30 [土]11:00~16:00
定休日:日曜、祝日

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・