ニュー新橋ビルでがっつり豚丼。豚大学さんで豚肉の花びらを見た!

ちゃわん武士です。

実は、新橋駅前のニュー新橋ビルは激アツスポット。

例えば、

などがあります。

 あわせて読みたい:【2020年版】ニュー新橋ビルでおすすめのグルメスポットを厳選しました!

今回は、『豚大学』さんを紹介します。

豚大学さんってどんなお店なの?

豚丼専門店です。大盛りの豚丼が食べられるのが特長です。
店舗は、新橋校舎、神保町校舎、新宿校舎にあります。

ちなみに、第2回全国丼グランプリ 豚丼部門で金賞に輝いています。

店舗によって、メニューは若干異なります。大学にちなんで、大学院(1,000グラム)、修士(1,500グラム)、博士(2,000グラム)と量が増えていきます。

博士に挑戦するには、大学院と修士を卒業(完食)していることが条件となります。
大食いの人はチャレンジしてみてください!

豚大学さんのメニューは?

※新橋校舎のメニューになります。

豚丼

  • 豚丼(小) 500円
  • 豚丼(中) 650円
  • 豚丼(大) 830円
  • 豚丼(特大) 1,080円

セットメニュー

  • 豚丼セット(味噌汁・半熟卵) 140円
  • 大学セット(味噌汁・半熟卵・漬物) 240円
  • さっぱりセット(味噌汁・半熟卵・青ねぎ) 240円
  • スタミナセット(半熟卵・キムチ・ガーリック) 240円
  • お茶漬けセット(出汁・薬味) 200円

トッピング

  • 半熟卵 110円
  • 味噌汁 50円
  • 菜の花漬物 110円
  • 青ねぎ 110円
  • キムチ 110円
  • ガーリック 70円
  • トッピング定期券 240円

テイクアウトメニュー

  • 豚丼(小) 500円
  • 豚丼(中) 650円
  • 豚丼(大) 830円

※他にもメニュー多数あります。

豚大学さんに行ってきました!

ディナー(新橋校舎)編

アクセスは?

JR新橋駅から30秒くらい歩いたところにあります。ニュー新橋ビルの1階です。

どんな雰囲気のお店なの?

カウンター13席の広さです。何回か訪れていて、モクモクした店内のイメージがありましたが、この日は、視界が澄んでました。

一人でも行きやすいお店です。

豚大学さんカウンター

さて、お味は?

『豚丼(中)』を注文しました。

豚肉がたっぷりの豚丼。中盛りでこの量です。真ん中には菜の花がのってました。

上から豚丼(中)

炭火で焼いた肉と、タレの艷やかさが食欲をかき立てます。

豚丼(中)

ご飯を肉で巻いて、自家製の肉巻きおにぎりの完成です。

豚肉

この甘いタレは、タレだけかかったご飯でもいけます。

味は違いますが、イメージはうな丼のタレのかかったご飯のところの感じ。

タレのかかったご飯

実は、テイクアウトもできます!

テイクアウトも注文することができます。食券器にテイクアウト用のボタンがあるので、そちらで購入します。

お得な定期券「BUTAMO」もあります!

有効期間が1ヶ月で240円。味噌汁と好きなトッピング一品ができます。
使用方法は、入店時に提示するだけ。

ご馳走さまでした。

豚大学 新橋校舎
東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル 1階
営業時間:[平日]10:30~21:45 [土日]11:00~15:00 16:30〜20:15
定休日:奇数月の第2日曜

豚大学 神保町校舎
東京都千代田区神田神保町1-8 FUJIビル 3F
営業時間:[月~金]11:00~22:00 [土]11:00~15:30
定休日:日祝

豚大学 新宿校舎
東京都新宿区西新宿7-4-5 ウエストスクエアビル 1F
営業時間:[月~金]11:00〜22:00 [土日祝]11:00〜15:00 16:30〜20:15
定休日:年末年始

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・

宅麺.comとは、有名店の味をご自宅で楽しめる、ラーメンの通販サイトです

 

おすすめポイント

・お店のスープ、麺、具材を、そのまま冷凍して、「お店と同じ味」を届けてくれる

・調理する手間はかかるが、お店へいく交通費、並ぶ時間を節約できる

・ラーメンの種類も豊富で、有名店も参加している

 

宅麺

宅麺してみる