【食べ歩きの結論】「いい店とは、何か?」を真剣に考えてみた!

ちゃわん武士です。

食べ歩きを10年以上本気で打ち込んでいると、「いい店」を嗅ぎわけるスキルも身につけてきました。

1万時間の法則もあるかもしれませんね!

ちゃわん武士

かけてきた時間と食費を考えると、なかなかやるな!と
自分で自分を褒めてあげたい。

ぶっちゃけると、いい店もあれば、普通だなと感じるお店もあったり、惜しいなと感じる店もあります。
逆に、この料理の良さをわかるには、自分自身の器では、まだ理解しかねると感じることもあります。

今回は、経験に基づき、「いい店とは、何か?」について、真剣に考えてみました。

「いい店」の条件は?

名店

いい店を考える場合、やはり「料理の美味しさ」は大事です。

どのようなときに、美味しいと感じるでしょう?

例えば、

  • 料理の味が好みだったとき
  • 料理が美しかったとき
  • お腹が減っていたとき

などがあります。

「美味しさ」だけが「いい店」の条件でしょうか?
そうだとは思いません。

例えば、

  • 料理人の想い・熱意が伝わったとき
  • 居心地が良かったとき
  • 思った以上のサービスを受けたとき
  • 大将さんや女将さんの人柄を好きになったとき

なども「いい店」だと感じるでしょう。

なので、料理の味を含め、お店の雰囲気、人、値段など、お店から受けた影響すべてが、「いい店」に関わっています。

「いい店」を単純な数式で表現してみた!

数式

シンプルにすると、以下の数式になります。気持ちは、0〜10で表します。

[お店から出た後の気持ち] − [お店に入る前の気持ち] = [よかった(プラス)][お店から出た後の気持ち] − [お店に入る前の気持ち] = [普通(ゼロ)][お店から出た後の気持ち] − [お店に入る前の気持ち] = [よくなかった(マイナス)]

数式に当てはめて考えてみる

たまたま見つけたお店に入ったときを考える。

お店に入る前の気持ちは、可もなく不可もなくということで、5とする。

最高だった場合(10) − 普通(5) = よかった(5)

まあまあだった場合(5) − 普通(5) = 普通(0)

残念だった場合(1) − 普通(5) = よくなった(-4)

なので、ギャップが大きくなればなるほど、「いい店」ということになります。
極端にいえば、めちゃくちゃ評判の悪いお店にいってみたけど、裏切られて最高だったが、最強のいいお店ということになります。
逆に、期待していったけど、微妙だったは、残念なお店ということになります。

経験に当てはめて考えてみる

あるお店に行ったとき、

「注文くる遅かった〜」

「量少なかったね〜」

「めちゃくちゃ期待していったけど、思ったほどではなかった〜」

というよりも、

「結構食べたんだけど、めちゃくちゃ安かった〜」

「お店の接客が神だった〜」

「たまたま入った店が、めっちゃくちゃよかった」

が、「いい店」だと感じました。

確かに、数式に当てはめてみると、いい線いっている気がします!

まとめ

いい店とは、ギャップ。

期待せずに入って、良かったお店は「いい店」。
期待しても、さらに超えてくるお店は、まさに「名店」でしょう。

食べ歩いてきたからこそ、辿り着いた「いいお店とは、何か」の結論でした。

ちゃわん武士
これからもいいお店を紹介していきます♪

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・

コラムの最新記事4件