御茶ノ水のふれあい町中華「山田屋」さん【古き良きチャーシュー麺と食券制】

ちゃわん武士です。

御茶ノ水グルメといえば、

などがあります。

今回は、『山田屋(中華料理 やまだ)』さんを紹介します。

ちゃわん武士
老舗の町中華です。腹を空かせた強者どもが集まるパワースポットとなってます。

山田屋(中華料理 やまだ)さんってどんなお店なの?

山田屋さんは、御茶ノ水にある中華料理店です。創業から80年続く老舗の町中華で、近所の学生や、サラリーマンの胃袋を満たしてきました。

東京ラーメンチャーシュー麺をはじめ、自慢の餃子が名物となってます。人気メニューには、肉野菜炒め定食や、ラーメンとチャーハンセットがあります。

ちなみに、テレビ番組「出没!アド街ック天国」では、ラーメンとチャーハンセットが紹介され、「バナナマンの早起きせっかくグルメ!!」では、肉野菜炒め、肉そば、麻婆チャーハンが紹介されました。

ランチ、ディナーで楽しめます。

山田屋さんのメニューは?

一部のメニューのみ、紹介してます。

麺類

  • ラーメン 650円(税込)
  • みそラーメン 750円(税込)
  • たん麺 750円(税込)
  • もやしそば 750円(税込)
  • 野菜ラーメン 750円(税込)
  • ワンタン 650円(税込)
  • ワンタン麺 750円(税込)
  • たんたん麺 750円(税込)
  • 麻婆麺 750円(税込)
  • 肉そば 750円(税込)
  • チャーシュー麺 750円(税込)
  • うまにそば 750円(税込)
  • 天津麺 750円(税込)
  • スタミナラーメン 750円(税込)
  • 五目そば 800円(税込)
  • チャーシューワンタン麺 950円(税込)
  • ソース焼きそば 750円(税込)
  • 上海麺(醤油炒め焼きそば) 750円(税込)

ご飯類・一品

  • チャーハン 650円(税込)
  • 麻婆チャーハン 750円(税込)
  • 五目チャーハン 750円(税込)
  • 天津丼 750円(税込)
  • ライス 大:250円(税込) 並:150円(税込) 小:100円(税込)
  • ギョウザ 6個:500円(税込) 4個:400円(税込)
  • 【17:00以降】酢豚 1,000円(税込)
  • 【17:00以降】海老チリ 1,200円(税込)

定食

  • スタミナ焼肉定食 750円(税込)
  • 麻婆豆腐定食 750円(税込)
  • A定(豚肉・玉子・ニラ炒め) 750円(税込)
  • B定(豚肉・ピーマン・玉ねぎ炒め) 750円(税込)
  • C定(回鍋肉) 750円(税込)
  • 野菜炒め定食 700円(税込)
  • 肉野菜炒め定食 750円(税込)
  • レバニラ炒め定食 750円(税込)

お得なチャーハンセット

  • ラーメン+チャーハン 750円(税込)
  • たん麺+チャーハン 950円(税込)
  • たんたん麺+チャーハン 950円(税込)
  • ワンタン麺+チャーハン 950円(税込)
  • チャーシュー麺+チャーハン 950円(税込)

御茶ノ水の町中華「山田屋」さん。名物チャーシュー麺を堪能!

アクセス(行き方)は?

JR御茶ノ水駅から2分くらい歩いたところにあります。黄色が目印です。

どんな雰囲気のお店なの?

カウンターとテーブルあわせて、22席の広さの店内です。腹を空かせた強者どもで賑わってました。

山田屋さん店内

行列・混雑状況は?

平日の19:15に伺ったときは、並ぶことなく入れました。お客さんの混雑度は、ほぼ満席でした。

タイミングによっては、1〜2組待ってました。回転が速いので、そこまで待ちません。

さて、お味は?

入口にあるレジで、注文&会計します。チャーシュー麺にしました。

カラフルなプラスチックの楕円形の食券と引き換えた後、席に案内されます。

最近は、券売機から印字される紙の食券だったり、タブレットやスマホからの注文で、そもそも食券がないこともしばしばです。

学校・会社の食堂や、地方にある飲食店には、まだ残っているかもしれませんが、東京にある飲食店では、あまり見かけなくなりました。

この食券制のアナログ感が好きです。

ちゃわん武士
学校の食堂を思い出しました。懐かしい。

 

チャーシュー麺が運ばれてきました。麺の上に、チャーシュー、ねぎ、メンマのシンプル構成です。

チャーシュー麺

やや細麺で、ちょうどよい量でした。

麺

素朴で懐かしさも感じるスープでした。五臓六腑に染み渡りました。

スープ

チャーシューメンには、4枚の分厚いチャーシューがのってました。丸太チャーシューと呼べるかもしれません。

とろけるチャーシューではなく、ちゃんと肉感を残したチャーシューでした。特別なことはしておらず、先代考案の秘伝のたれで、時間をかけてじっくり煮込んだ逸品となってます。

評判どおり旨いチャーシューで、懐かしい味でした。

チャーシュー

歯ごたえのよいメンマも、また憎い存在でした。優しい味わいの東京醤油ラーメンとなってました。

派手なことはしない、素朴で懐かしい一杯でした。あっという間に食べ終わりました。

 

80年続く影には、古き良き味のチャーシュー麺と、ノスタルジックな食券制が残ってました。お客さんとの距離感が絶妙で、また来たくなる、ふれあい空間でした。実家のような安心感がありました。

山田屋さんは、長年愛される店作りを伝える、町中華界のお茶の水博士かもしれません。

お茶の水博士は、『鉄腕アトム』シリーズにおける、アトムの科学的な後見人。

アトムに「人間の心」を説き、「正義とは何か」を教える名教育者でもあります。

手塚治虫オフィシャルより抜粋

 

ご馳走さまでした。

中華料理 やまだ
東京都千代田区神田駿河台2-10-5
営業時間:[月~金]11:30~15:00 17:00~20:30 [土]11:30~13:30
定休日:日祝

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・

宅麺.comとは、有名店の味をご自宅で楽しめる、ラーメンの通販サイトです

 

おすすめポイント

・お店のスープ、麺、具材を、そのまま冷凍して、「お店と同じ味」を届けてくれる

・調理する手間はかかるが、お店へいく交通費、並ぶ時間を節約できる

・ラーメンの種類も豊富で、有名店も参加している

 

宅麺

宅麺してみる