赤坂見附で蕎麦。長寿庵さんに来たら、やはり鴨せいろを頂きたい!

ちゃわん武士です。

赤坂・赤坂見附・溜池山王エリアは、担々麺も多いですが、蕎麦も結構あります。

例えば、

などがあります。

 あわせて読みたい:赤坂・赤坂見附・溜池山王エリアのお蕎麦屋さんをまとめてみた

今回は、『赤坂見附 長寿庵(ちょうじゅあん)』さんを紹介します。

長寿庵(ちょうじゅあん)さんってどんなお店なの?

赤坂見附 長寿庵さんは、1981年創業、赤坂見附にあるお蕎麦やさんです。鴨せいろ、カレーせいろが人気メニューです。

長寿庵(ちょうじゅあん)とは、一時期、関東に300店舗以上を構えた、関東最大の江戸蕎麦です。地域に根ざした蕎麦やさんを目指しています。

東京だと、麻布十番、赤坂見附、乃木坂、白金台、浅草、青山一丁目、茅場町などにあります。ちなみに、銀座長寿庵さんは、鴨せいろの発祥の地です。

ちゃわん武士
背景を知ると、鴨せいろを頼みたくなりますね!

また、アニメ「クッキングパパ」のオープニングテーマ(ハッピーハッピーダンス)の歌詞にも、長寿庵がでてきます。

「チャーハン、ハンバーガー、ガスパッチョ、長寿庵・・・」と、料理名が続いて、なぜ店名だと、謎を呼んでます。「グーグルで検索する」が「ググる」となったように、「長寿庵(≒蕎麦)」は、それだけ有名なお蕎麦やさんだということがわかります。

身近な例をあげると、こんな感じかな・・・

わんこ先生
今日、何食べたい?
ちゃわん武士
吉野家(≒牛丼)

赤坂見附 長寿庵さんのメニューは?

一部のメニューのみ、紹介してます。税込価格で表記してます。

蕎麦・うどん

  • もり 700円
  • 大もり 800円
  • ざるそば 800円
  • 月見そば 1,050円
  • 力うどん 1,150円
  • おかめそば 1,150円
  • カレー南蛮 1,150円
  • 椎茸そば 1,150円
  • 山かけそば 1,150円
  • にしんそば 1,200円
  • 鴨南ばん 1,500円
  • 鴨せいろ 1,500円
  • 天ぷらそば 1,500円
  • 鍋焼きうどん 1,500円
  • 天ざる 1,500円

ご飯類

  • 天丼 1,500円
  • かつ丼 1,200円
  • 親子丼 1,200円
  • 玉子丼 1,150円
  • カレー丼 1,150円

板わさ

  • 鈴廣かまぼこの板わさ 800円

お酒

  • 日本酒 750円
  • 冷酒 1,000円
  • ビール 750円

赤坂見附 長寿庵さんの蕎麦を食べてきました!

アクセスは?

赤坂見附駅から2分くらい歩いたところにあります。赤坂駅から6分くらいです。細い路地を入ったところにあるので、通り過ぎにはご注意ください!

ちゃわん武士
路地から通るあたりから、風情を感じます♪

どんな雰囲気のお店なの?

13席の広さの店内です。小さなお店なので、相席になることもあります。風情はあるものの、かなり清潔に保たれています。
※携帯電話での通話は、店の外でしましょう!

赤坂見附 長寿庵さん店内

行列・混雑状況は?

平日の18:00前に伺ったときは、並ぶことなく入れました。3組のお客さんがいました。

さて、お味は?

ここ2ヶ月は、ほぼ毎日蕎麦を食べています。続けて食べるからこそ、味の違いに繊細になってきました。

 

『鴨せいろ』を注文しました。

蕎麦の量は少なめだったので、大盛りがおすすめです。

鴨せいろは、せいろそば、鴨汁(つけ汁)、刻みねぎの小皿が付いてました。

鴨せいろ

癖のない、かなりあっさりした蕎麦でした。

もりそば

温かい鴨汁には、葱がたっぷり入っていました。底のほうには、しっかりした食感の鴨肉に加え、ホルモンなのかと思わせる、ぷりぷりの鴨肉が入っていました。

鴨汁

鴨肉からでる脂の甘さと、醤油の甘さが相まって、極上のハーモニーを奏でます。シンプルなそばつゆも良いけど、たまには、贅沢に鴨汁もいいなと思わせてくれた逸品でした。

ちゃわん武士
鴨汁につけて、蕎麦をすする贅沢さが堪らない・・・

鴨汁につけた蕎麦

最後は、蕎麦湯で、鴨汁を味わい尽くしました。

 

ご馳走さまでした。

赤坂見附 長寿庵(ちょうじゅあん)
東京都港区赤坂3-20-2
営業時間:[月~金]11:30~15:30 17:00~19:45LO
定休日:土日祝

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・

宅麺.comとは、有名店の味をご自宅で楽しめる、ラーメンの通販サイトです

 

おすすめポイント

・お店のスープ、麺、具材を、そのまま冷凍して、「お店と同じ味」を届けてくれる

・調理する手間はかかるが、お店へいく交通費、並ぶ時間を節約できる

・ラーメンの種類も豊富で、有名店も参加している

 

宅麺

宅麺してみる