赤坂で四川料理ランチといえば、同源楼さんの麻婆豆腐はいかが?

ちゃわん武士です。

赤坂・赤坂見附・溜池山王エリアは、中華料理屋さんの激戦区。

例えば、

  • 四川料理の、同源楼(どうげんろう)さんや、四川小吃 雲辣坊(しせんしゃおちー うんらーふぁん)さん
  • 広東料理の、赤坂璃宮 赤坂本店さんや、櫻花亭(おうかてい)さん
  • 中国郷土料理の、黒猫夜(くろねこよる)さん
  • 高級中華の、メゾン・ド・ユーロンさんや、中華 うずまきさん

などがあります。

今回は、『同源楼(どうげんろう)』さんを紹介します。

同源楼(どうげんろう)さんってどんなお店なの?

赤坂で、本場の四川料理が食べられる、中華料理屋さんです。

麻婆豆腐が人気だが、他の料理もレベルが高いと評判です。
唐辛子の辛さと、山椒の痺れを巧みに使いこなし、お客さんの舌を楽しませてくれます。

ちなみに、四川小吃 雲辣坊(しせんしゃおちー うんらーふぁん)さんは、姉妹店になります。
ランチタイムは、どちらもいつも混んでます。

同源楼さんのメニューは?

ランチメニュー

今週の定食

  • 野菜料理 850円
    • 厚揚げ、チンゲン菜、竹の子、蓮根、人参、きのこの中国醤油あん
  • 肉料理 900円
    • 青椒肉絲
  • 海鮮料理 950円
    • イカ、エビ、青唐辛子、じゃが芋、きゅうり、長芋の辛味炒め
  • 麻婆豆腐 850円

麺類

  • 四川担々麺 850円
  • スーラータンメン 850円
  • 鶏と葱の土鍋煮込み麺 900円
  • 牛肉ど中国高菜の土鍋煮込み麺 1,000円
  • 牛肉の辛味土鍋煮込み麺 1,000円
  • 茄子とトマトあんかけ焼そば 900円
  • 牛肉とトマトあんかけ焼そば 950円
  • 海鮮あんかけかた焼そば 950円
  • 海鮮辛味焼そば 950円

飯類

  • 牛肉と椎茸土鍋御飯 950円
  • 鶏肉と高菜の辛味あんかけ土鍋御飯 900円
  • 五目辛味チャーハン 900円
  • エビレタスチャーハン 900円

ディナーメニュー

一部のメニューのみ紹介しています。

コース料理

  • 同源楼コース 4,980円

一品料理

  • 麻婆豆腐 880円
  • 辣子鶏 1,180円
  • 水煮麻辣東坡肉 1,080円
  • 四川風 豚の角煮 1,080円
  • 鶏肉のサクサク揚げ、赤胡椒・塩炒め 1,080円

同源楼さんでランチしてきました!

アクセスは?

赤坂見附駅から3分くらい歩いたところにあります。赤坂駅からは4分くらいです。
1階が、『四川小吃 雲辣坊』さんで、2階になります。

どんな雰囲気のお店なの?

34席の広さの店内です。

同源楼さん店内

行列・混雑状況は?

平日の12:00過ぎに伺ったときは、3組待ちでした。
5〜10分くらいで並びました。

さて、お味は?

『麻婆豆腐』を注文しました。

前菜は、優しく美味でした。

前菜

漬物は、日本人には癖ある味でした。

漬物

名店か、通常店かは、スープが一番分かりやすいかも♪

ちゃわん武士
スープを飲んで、いいかもと思うと、
他の料理も大いに期待できますね!

卵スープは、程よいとろみがあり、優しい味でした。

卵スープ

麻婆豆腐の他に、ご飯、スープ、前菜、漬物、杏仁豆腐が付いてました。
ちなみに、ご飯とスープはお替り自由です。

麻婆豆腐定食

辛さと痺れの夢の共演。
どちらかというと、辛さ < 痺れの麻婆豆腐。

麻婆豆腐

結構辛いけど、食べられない辛さではなかったので、一安心。

挽肉をご飯にかけて、ご飯多めで食べると、辛さも和らげ、ご飯が進みます。

豆腐がたくさん入っているので、豆腐多めで辛さを和らげながら、食べるのも良いでしょう!

麻婆豆腐一口

寒い日には持ってこいの逸品でした。

もっちりとした、杏仁豆腐で、これはハマりそう♪
お口直しとしても最高でした。

杏仁豆腐

予約は電話のみです!

食べログに電話番号があったので、予約したいときにご確認ください。

食べログで確認する

 

ご馳走さまでした。

同源楼(どうげんろう)
東京都港区赤坂3-18-8 エムプレスビル 2F
営業時間:[月~土]11:30~14:30 17:00~23:00
定休日:日祝

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・

宅麺.comとは、有名店の味をご自宅で楽しめる、ラーメンの通販サイトです

 

おすすめポイント

・お店のスープ、麺、具材を、そのまま冷凍して、「お店と同じ味」を届けてくれる

・調理する手間はかかるが、お店へいく交通費、並ぶ時間を節約できる

・ラーメンの種類も豊富で、有名店も参加している

 

宅麺

宅麺してみる