【神保町・水道橋】フレンチを気軽に楽しめる、オマール海老出汁専門の海老丸らーめんさんは、えび好きには堪らない!

ちゃわん武士です。

神保町でラーメンといえば、

  • ラーメン二郎 神田神保町店さん
  • オマール海老専門の海老丸らーめん
  • 中華そばの勝本(かつもと)さん
  • 清湯つけそばの神田 勝本さん
  • 醤油蕎麦の神保町 黒須さん

などがあり、どれも個性的です。

今回は、『海老丸らーめん』さんを紹介します。

海老丸らーめんさんってどんなお店なの?

オマール海老出汁専門のラーメンやさんです。
西麻布でフレンチレストランを営む現役シェフが、フレンチを気軽に楽しんでもらいたいという想いで、お店作りされてます。
リーズナブルな価格帯で、フレンチとラーメンの融合を楽しむことができます。

海老丸らーめんさんのメニューは?

ラーメン

  • 元祖海老丸らーめん 880円
  • まるごと一匹オマール海老らーめん 2,700円
  • 海老丸パクチーらーめん 1,040円
  • 海老丸ワンタンらーめん 1,080円
  • 海老丸チャーシューましまし 1,180円
  • 海老丸カルボナーラ 980円
  • ごま胡麻らーめん 980円
  • 海老丸デラックス 1,330円

サイドメニュー

  • 〆のリゾット 300円
  • 海老レタスチャーハン 720円
  • 炙り焼豚 420円
  • バケット 80円
  • 白米 150円

トッピング

  • パクチー 160円
  • チーズ 220円
  • 燻製たまご 150円
  • ワンタン 200円
  • チャーシュープラス4枚 300円
  • 追加玉葱みじん切り 70円

※他にもメニュー多数あります。

海老丸らーめんさんでラーメンを食べてきました!

休日の19:00頃にお邪魔し、ディナー利用させていただきました。

アクセスは?

神保町駅から4分くらい歩いたところにあります。水道橋駅からは5分くらいです。

どんな雰囲気のお店なの?

24席の広さの店内です。運よく並ばずに入れましたが、出るときは、3人待ちでした。スープが切れそうだったので、できるだけはやめの来店をおすすめします。
海外から来たお客さんも多く見られ、ほぼ満席状態が続いていました。

さて、お味は?

海老好きには堪らない。オマール海老で出汁をとった贅沢な一品。だけど、普通のラーメンと変わらない価格帯は、ありがたいかぎりです。

『元祖海老丸らーめん』を注文しました。

チャーシュー、燻製たまご、トマト、ほうれん草、サワークリームのついたバケット、玉葱のみじん切りがのっていました。

元祖海老丸らーめん

チャーシューは、スペイン産の肩ロースを低温でじっくり真空料理している模様。

煮卵ではなく、燻製たまご。このスープだからこそ、鼻に抜ける燻製の香りが、いい仕事してます。

今の麺は太麺で、少し平打ち。さらなる高みを目指しているため、まだまだ変わるとのこと。

麺フレンチの技法で作ったラーメンスープは、まるでビスク。カナダ産のオマール海老から出汁をとっています。

ビスクって何だ?
ビスクとは、クリームベースの滑らかで濃厚な味わいのフランスのスープのことです。
主に、ロブスター、カニ、エビ、ザリガニなどの甲殻類をベースとして、作られます。

一言で表現すると、濃厚な海老のスープ。

スープ

サワークリームをスープに溶かすと、酸味で味変を楽しめます。濃厚だからこそ、この酸味は堪りません。

サワークリーム

卓上には、自家製の海老のラー油がありました。少し辛いので、入れすぎにはご注意ください!

海老のラー油

〆のリゾット。

熱々の器できます。卵と海老が入っています。

〆のリゾット

残ったスープを、器に4〜5杯入れます。
すると、店員さんが来てくれて、目の前でチーズを削ってくれます。

〆のリゾット(チーズ)

かき混ぜると、できあがり。熱々なので、急がず食べましょう♪混ぜた〆のリゾット

個人的には、海老のスープを多めが好きでした。もちろん、スープを飲み干させていただきました。

日々進化を続ける、海老丸らーめんさん。次回も期待してます。

ご馳走さまでした。

海老丸らーめん
東京都千代田区西神田2-1-13 十勝ビル 1F
営業時間:[平日]11:30~15:00 18:00〜22:00 [土日祝]11:30〜20:00
定休日:月曜 ※月曜が祝日の場合は、火曜

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・