大門、御成門でランチ。とんかつといえば、燕楽(えんらく) さん

ちゃわん武士です。

浜松町、大門、御成門エリアで、絶品とんかつを食べたいなら、

  • とんかつ檍(あおき) 大門店さん
  • のもと家さん
  • 燕楽(えんらく)さん

がおすすめ!

今回は、『燕楽(えんらく) 』さんを紹介します。

燕楽(えんらく)さんってどんなお店なの?

御成門近くにある、名店のとんかつやさんです。ここで修行された方が、都内で活躍されています。

燕楽の名を引き継ぐ、千鳥町、池上のお店のほか、高田馬場の成蔵さんも燕楽出身者です。

いわば、御成門の燕楽は、東京とんかつのルーツともいえます。

燕楽さんのメニューは?

タイムサービス

  • カツランチ 930円

定食料理

  • ロースカツ定食 2,350円
  • ヒレカツ定食 2,350円
  • ミックス定食 2,350円
  • エビフライ定食 2,350円

一品料理

  • ロースカツ 1,750円
  • ヒレカツ 1,750円
  • ミックス 1,750円
  • エビフライ 1,750円
  • トンカツ 1,030円

カレー料理

  • ロースカツカレー 1,280円
  • ヒレカツカレー 1,550円
  • カレー 830円

時期限定料理(10〜2月)

  • カキフライ 1,050円
  • カキフライライス 1,350円

その他

  • ロースカツ丼 1,050円
  • ヒレカツ丼 1,530円
  • トンカツライス 1,330円
  • ポテトサラダ 680円
  • サラダ付 120円
  • お新香 300円
  • 豚汁 300円
  • ライス 300円

燕楽さんでとんかつを食べてきました!

ランチ(御成門)編

アクセスは?

御成門から4分くらい歩いたところにあります。都営浅草線大門駅からは7分くらいかな・・・

どんな雰囲気のお店なの?

50席の広さの店内です。

パッと見た感じだと、営業しているかどうかわかりませんでした。勇気出して、扉をあけると、普通に営業していました。

テーブル席は満席でしたが、並ぶことなく入れました。

燕楽(えんらく) さんのカウンター席

さて、お味は?

『カツランチ』を注文しました。

とんかつ、豚汁、ご飯が付いていました。

マジでこの値段でこのクオリティーは有り難過ぎる♪

カツランチ

▼豚汁
とんかつやさんの豚汁は間違いないですね!癒される味でした。

豚汁

▼とんかつ
これぞ、黄金に輝くキツネ色。ムラなく均一に揚げるのは、プロの技です。

とんかつ

今までに食べてきたとんかつと何かが違う。のもと家さんやとんかつ檍さんが、洗練されたとんかつと表現するなら、燕楽さんは、至って普通(定番)と表現する。

ちゃわん武士
普通だけど普通じゃない味なんだなー

とんかつ

1番の違いは「衣」。

衣がサクサクというよりカリカリに近い。個人的には、この衣の方が好きかも。

とんかつの衣

この空間で、とんかつに、辛子とソースをつけて食べれば、そこは、昭和にタイムスリップしたような感覚になります。

改めて、伝統と革新を思い返したとんかつやさんでした。

ご馳走さまでした。

燕楽(えんらく)
東京都港区新橋6-22-7
営業時間:[月~金]11:00~14:00 17:00~21:30 [土]11:00~13:30
定休日:日曜、祝日

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・