豚骨100%の濃厚スープが決め手。新宿 龍の家(たつのや)さんのとんこつラーメン

ちゃわん武士です。

先日、新宿にある、龍の家(たつのや)さんに行ってきました。
このエリアは、ラーメン激戦区のなかでも、1,2位を争うくらい行列ができているお店です。今だと、『龍の家』さん、『えびそば一幻(いちげん)』さんの行列の長さがやばいですね!

美味しいとんこつラーメンを食べれるのは、間違いないのですが、最近は、観光スポットになっているのか?、観光客のかたも、多く並んでいます。ますます、混んできた印象があります。『えびそば一幻』さんもしかり。

『龍の家』さんは、福岡県から都内に進出してきたお店で、『えびそば一幻』さんは、北海道から都内に進出してきたお店です。なので、個人的には、本場で食べるのもありかと思います!

とんこつなら、『龍の家』さんですが、待つ時間も長いことも多いので、そのときは、とんこつでなくてもよければ、鶏のうまさを最大限楽しめる、塩ラーメン、鶏白湯(とりぱいたん)の『麺屋 翔(めんや しょう)』さんをオススメします♪

こういった状況を見てみると、東京は、海外の料理だけでなく、国内(地方)の人気店が集まったりしていて、「食の都」と言われる所以がわかります。なかでも、食べれるラーメンの種類の豊富さは、世界と戦えるくらいあります。

龍の家(たつのや)さんの雰囲気は?

店員さんが元気で、活気溢れる空間です。
コの字のカウンター席とテーブル席、合わせて、18席あります。

龍の家(たつのや)さんのメニューは?

ラーメン

  • とんこつ こく味 800円
  • とんこつ こく味 タマゴ 920円
  • とんこつ 純味 750円
  • とんこつ 純味 タマゴ 870円

つけ麺

  • つけ麺 もつ (並)850円 (大盛り)950円

あと、ご飯ものやビールなどがあります。

龍の家(たつのや)さんに行ってきました!

ディナー編

今回は、前から気になっていた、『つけ麺 もつ』を、初めて、注文しました。
実は、このつけ麺、2012年に開催された、「大つけ麺博 日本一決定戦」で、準優勝を飾ったつけ麺です。

『龍の家』さんは、本場久留米の豚骨専門店なので、王道は「とんこつ」です。モツのつけ麺って珍しい!
つけ麺 もつ

つけ麺のつけ汁は、魚粉を使っておらず、豚骨スープと焦がし醤油を混ぜたスープです。
もちろん、モツが入っています。これは、初めての味でした。イメージしていた味とも、(いい意味で)全く違うし、食べてもらわないと、言葉では表現できないです。個人的には、味は濃いめでした。

モツつけ麺のつけ汁

スープ割を頼んでから、スープが届くまで時間がかかります。今までで一番待ったんじゃないかぐらい。忘れられてんじゃないかなーと思った頃に、スープが戻ってきました。
なぜかというと、驚くなかれ。スープ割を頼むと、一口ぐらいの米が入ってきます。スープも温め直してくれており、熱々の、『スープ割りで作るリゾット』になって戻ってくるからです。

注意点

  • 急いでいるときは、スープ割りは注文しないか、「スープだけで」と言ったほうがよい
  • お腹の具合とも相談したほうがよい。お腹いっぱいの状態で、スープ割してしまうと、最後だけ、フードファイトになってしまいます!笑

席には、「辛もやし」・「辛子高菜」・「ピンク生姜」が備え付けられており、自由に食べることができます。
もやし

本場久留米の豚骨専門店なので、まずは、とんこつラーメンを食べてほしい。

ご馳走さまでした。

 

ラーメン 龍の家 新宿小滝橋通り店 (RAMEN TATSUNOYA)
東京都新宿区西新宿7-4-5 富士野ビル 1F
営業時間:11:00~23:30

 

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・