渋谷でタピオカとフルーツティーを楽しめる、一芳(イーファン)さん

ちゃわん武士です。

タピオカドリンクの次は、フルーツティーが流行る予感します。

フレーバーとして、フルーツの香りをつけるのではなく、

丸ごとフレッシュフルーツを使用しているのが、特徴です。

 

最近のトレンドは、

  • お茶(紅茶、台湾茶)に、タピオカ
  • お茶に、チーズ
  • お茶に、フルーツ

です。

これらを組み合わせて、提供してくれるお店が増えています。

今回は、フルーツティーがおすすめの『一芳(イーファン)』さんを紹介します。

一芳(イーファン)さんってどんなお店なの?

台湾発のフルーツティーやタピオカドリンクなどを飲めるドリンク店です。

店舗は、浅草店から始まり、新宿、渋谷と増えてきました。

ちなみに、渋谷店は、2019年1月6日にオープンしました。

一芳さんのメニューは?

フルーツティー

  • 一芳フルーツティー 600円
  • 埔里産パッションフルーツティー 480円
  • 金鑚パイナップル緑茶 480円
  • 冬瓜レモネード 480円
  • レモン緑茶 480円
  • レモン青茶 480円
  • 愛玉ゼリーレモンティー 550円

ミルクティー

  • 紅茶ラテ 480円
  • 翡翠ラテ 480円
  • 烏龍ラテ 480円
  • 冬瓜ラテ 480円
  • 黒糖タピオカラテ 550円
  • 黒糖タピオカ紅茶ラテ 580円

台湾ミルクティー

  • ミルクティー 480円
  • 翡翠ミルクティー 480円
  • 烏龍ミルクティー 480円
  • タピオカミルクティー 550円
  • 仙草ゼリーミルクティー 550円

懐かしの味

  • 仙草茶 500円
  • 冬瓜茶 450円

フレーバーティー

  • タピオカ紅茶 450円
  • タピオカ緑茶 450円

オリジナルティー

  • 日月潭紅茶 380円
  • 包種緑茶 380円
  • 松柏嶺産青茶 380円
  • 鹿谷産烏龍茶 380円

※税抜き価格で表記しています。

一芳さんのフルーツティー飲んできました!

カフェ(渋谷店)編

アクセスは?

JR渋谷駅ハチ公改札から5分くらい歩いたところにあります。

東急百貨店本店方面へ、カメラのキタムラの隣の、三浦のハンバーグと同じビルです。

一芳(イーファン)さんの入口

 

どんな雰囲気のお店なの?

10席の広さの店内です。

コンクリートと木で包まれた、気持ちいい空間です。できたばっかりで、綺麗だし。

一芳さんインテリア

カウンター席もあります。半地下のスペースも解放されて、飲むスペースが増えました。

さて、お味は?

『一芳フルーツティー』を注文しました。

「甘さ」と「氷の量」を調整できます。

「甘さ」は、通常、2/3、半分、1/3、無糖があり、おすすめされた1/3を選びました。

「氷の量」は、通常、少なめ、なし、ホットがあり、少なめにしました。

リンゴやみかん、パッションフルーツなどが丸ごと入っています。

一芳フルーツティー

果物の甘さで、スッキリした味わい。

甘くしすぎると、果物の甘さが薄れるので、ご注意を!

個人的には、果物の甘さをダイレクトに感じられる、無糖がおすすめです。

 

案外、パッションフルーツの種が曲者でした。

油断したときに、飲み込んでしまいます。

このプチプチ感が堪らないという方もいるので、好みかも。

 

タピオカドリンクも気になりましたが、飲んだことのないお茶もたくさんあるので、

色々と楽しめそうです。

渋谷でフルーツティーが飲めるところは?

渋谷ヒカリエにある、ブルプルさんの姉妹店である『阿伯(アペ)』さんや『一期一笑(いちごいちえ)』さんでもフルーツティーが楽しめるようになりました。

渋谷でタピオカドリンクを楽しみたい方へ

渋谷はタピオカ戦国時代。以下の記事にまとめています。参考まで。

ご馳走さまでした。

一芳(イーファン) 台湾フルーツティー 渋谷店
東京都渋谷区道玄坂2-25-9 ロマーネ80 1F
営業時間:11:00~22:30
定休日:なし

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・