恵比寿の飲みと締めで利用可。香湯ラーメン ちょろりさんの黄金スープは旨し。

ちゃわん武士です。

ここまで辿りついたのは訳がある。

人気料理の裏側には、食べる人にはわからない歴史があります。

恵比寿は飲み屋街だということもあって、深夜遅くまでやっているラーメン屋さんが多いですね!

あわせて読みたい

おしゃれタウンの恵比寿には、定番の料理から世界各国の料理を楽しめる店がたくさんあります。1軒目が終わり、そのまま帰るのもよし、はしご酒するのもよし、締めの一杯に行くのもよし。今回は、恵比寿周辺で、締めの一杯を食べられるラーメン屋さん[…]

恵比寿

今回は、締めのラーメンだけでなく、普通に飲み屋さんとしても利用できる、『香湯ラーメン ちょろり』さんを紹介します。

香湯ラーメン ちょろりさんってどんなお店なの?

1995年オープンした恵比寿のラーメン屋さん。香湯は、「しゃんたん」と読みます。

渋谷の喜楽さん、西麻布のかおたんラーメンえんとつ屋さんで修行された方が出されたらしく、喜楽感もどこか感じつつ、風貌はえんとつ屋さんのラーメンに似ています。

ちょろりさんは、「ラーメン」と「餃子」が人気です。

店舗は、恵比寿店と目黒店(祐天寺)にあります。

恵比寿店は、恵比寿ガーデンプレイスの近くにあり、JR山手線恵比寿駅東口から7分くらい歩いたところにあります。

目黒店は目黒駅ではなく、東急東横線の祐天寺駅にあります。とはいっても、祐天寺駅から1.1キロくらい歩くのでアクセスはなかなかですね!

ちょろりさんのメニューは?

※恵比寿店をもとに紹介します

ランチメニュー(11:00~15:00)

ランチ定食

  • ランチ定食(半ライス、麻婆豆腐、お新香付)850円

セットラーメン

  • ラーメン+Aセット(野菜 温)
  • ラーメン+Bセット(餃子)
  • ラーメン+Cセット(シューマイ)

※ラーメンの種類のより値段が変わります。

  • 塩ラーメン 850円
  • みそラーメン 1,050円
  • 五目ラーメン 1,050円
  • チャーシューメン 1,100円

ディナーメニュー

ラーメン

  • ラーメン 600円
  • みそラーメン 800円
  • 塩ラーメン 600円
  • 五目ラーメン 800円
  • 肉ヤサイメン 900円
  • ワンタンメン900円
  • ワンタン 600円
  • ネギラーメン 700円
  • ネギみそラーメン 900円

トッピング

  • 味付玉子 100円
  • メンマ 150円
  • ワンタン 300円
  • チャーシュー 300円
  • コーン 100円

ご飯もの

  • チャーハン 750円
  • 半チャーハン 400円
  • 半ライス 100円
  • ライス 200円

おつまみ

  • 味付肉盛 500円
  • 味付モヤシ 350円
  • メンマ盛 350円
  • ザーサイ 350円
  • 軟骨 400円
  • 仔袋 400円
  • 中華冷や奴 400円
  • 腸詰 500円
  • シューマイ 500円
  • おしんこ 350円
  • ギョーザ 500円
  • チャーシュー盛 500円

おのみもの

  • 缶ビール 400円
  • 瓶ビール 500円
  • 紹興酒 600円
  • ウーロン茶 150円
  • 缶チューハイ 350円

ちょろりさんのラーメンを食べてきました!

ディナー編

店員さんにおすすめを聞くと、ラーメンとのこと。「醤油」と「塩」から選べます。

『塩ラーメン』を注文しました。

チャーシュー、メンマ、さやえんどう、もやし、揚げネギの具材がありました。

シンプルで美しい見た目です。
上から塩ラーメン

透き通っており、輝いているスープ。
塩ラーメン

麺は細麺で、揚げネギが非常に良い仕事をしてました。

都内で、このクオリティーのラーメンを600円で食べれるのはありがたすぎます。

やはり、至極のラーメンの裏側には、名店で修行されてきた歴史がありました。

ちなみに、回りのお客さんを見てみると、ほとんどのテーブルに「餃子」がありました。餃子の皮も厚めで、見るからに美味しそうでした。

21時頃だったので、ラーメンを食べにきている人よりも、飲みをメインできている人の方が多かったです。比率にして1:9です。

ご馳走さまでした。

香湯ラーメン ちょろり 恵比寿店(しゃんたんらーめんちょろり)
東京都渋谷区恵比寿4-22-11
営業時間:11:00~翌3:20
定休日:日曜・祝日

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・