秋葉原の名店、牛丼専門サンボさんでランチ【牛丼、お皿、牛皿って、何だ?】

ちゃわん武士です。

秋葉原で名物グルメといえば、

などがあります。

今回は、牛丼チェーン店にも負けてない個人店『牛丼専門サンボ』さんを紹介します。

ちゃわん武士
お皿、牛皿って、何だ?

牛丼専門サンボさんってどんなお店なの?

1989年創業、秋葉原にある牛丼専門店です。秋葉原が東京都中央卸売市場だった頃から親しまれている老舗の名店です。

メニューは、牛丼(並、大盛)、お皿、牛皿とシンプルです。

牛丼は、ご飯の上に煮込んだ牛肉が盛り付けられている丼ぶりです。大盛は、並に比べて、ご飯の量も牛肉の量も増えます

お皿と牛皿は、ご飯と牛肉が別皿になっている定食です。牛皿は、お皿に比べて、ご飯の量も牛肉の量も増えます。なので、お皿の大盛が、牛皿というイメージです。

お店からのお知らせは、ツィッター(twitter)をご確認ください!

 ツイッターをみる

牛丼専門サンボさんのメニューは?

牛丼 並

  • 並 みそ汁・玉子 690円(税込)
  • 並 みそ汁 620円(税込)
  • 並 玉子 620円(税込)
  • 並 550円(税込)

牛丼 大盛

  • 大盛 みそ汁・玉子 800円(税込)
  • 大盛 みそ汁 730円(税込)
  • 大盛 玉子 730円(税込)
  • 大盛 660円(税込)

お皿(ご飯付)

  • お皿 みそ汁・玉子 740円(税込)
  • お皿 みそ汁 670円(税込)
  • お皿 玉子 670円(税込)
  • お皿 600円(税込)

牛皿(ご飯付)

  • 牛皿 みそ汁・玉子 960円(税込)
  • 牛皿 玉子 890円(税込)
  • 牛皿 みそ汁 890円(税込)
  • 牛皿 820円(税込)

単品

  • みそ汁 70円(税込)
  • 玉子 70円(税込)

テイクアウト

  • 弁当 並 550円(税込)
  • 弁当 大盛 660円(税込)

牛丼専門サンボさんでお皿ランチしてきました!

アクセスは?

JR秋葉原駅電気街口から4分くらい歩いたところにあります。末広町駅から3分くらいです。

大通りから一つ入った道にあります。黄色い看板が目印です。

どんな雰囲気のお店なの?

カウンターとテーブルあわせて、20席の広さの店内です。アットホームな空間でした。

昔はルールを破ると当たりが強いと評判のお店でしたが、今は平和です。ちなみに、店内での携帯電話の使用や動画撮影は禁止されています。また、黙食を推奨店です。

行列・混雑状況は?

平日の11:40に伺ったときは、並ぶことなく入れました。お客さんの混雑度は、7割程度でした。

さて、お味は?

牛丼か迷いましたが、『お皿 みそ汁・玉子』を注文しました。

お皿にはご飯が付いているので、みそ汁、玉子のセットになります。

お皿 みそ汁・玉子

お皿には、牛肉、糸こんにゃく、豆腐が盛り付けられていました。

牛肉は柔らかく、味は濃いめでした。なので、玉子との相性が良いかもしれません。

思った以上に、糸こんにゃくが入っていました。糸こんにゃく、豆腐ともに、しっかり味が染み込んでいました。

お皿

お皿でもご飯は多めでした。

牛丼

一方で、味噌汁は、味が薄めでした。全体的なバランスをとっているかもしれません。

物足りない感じがあったので、もう少し出汁の味が効いていても良いかなと感じました。

味噌汁

玉子があると、すき焼きのように楽しめます。

玉子

全体的には、量が多めで、家庭的な味でした。

牛丼専門サンボさんは、牛丼チェーン店がひしめくこのご時世でも個人で戦っている、牛丼界のラストサムライかもしれません。

ちゃわん武士
今後も、愛されながら、老舗の風格を見せ続けていただきたい!

 

ご馳走さまでした。

牛丼専門サンボ
東京都千代田区外神田3-14-4 国際ビル 1F
営業時間:[月~金]11:30~19:00 [土日祝]11:30~17:00
定休日:不定休

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・

宅麺.comとは、有名店の味をご自宅で楽しめる、ラーメンの通販サイトです

 

おすすめポイント

・お店のスープ、麺、具材を、そのまま冷凍して、「お店と同じ味」を届けてくれる

・調理する手間はかかるが、お店へいく交通費、並ぶ時間を節約できる

・ラーメンの種類も豊富で、有名店も参加している

 

宅麺

宅麺してみる