学芸大学で町中華といえば、二葉さん【オムライス、タンメンが人気】

ちゃわん武士です。

東京都内でオムライスをお探しなら、

などが有名です。

今回は、『二葉(ふたば)』さんを紹介します。

ちゃわん武士
町中華なのにオムライスが人気です。

二葉(ふたば)さんってどんなお店なの?

二葉さん看板

1953年創業、学芸大学にある中華料理店です。駅近で人気の町中華なので、並んでいることもあります。

オムライス、タンメンが人気です。

とんねるず番組のきたなトランで、きたな美味しい店の三ツ星に認定されています。

ちなみに、タンメンが紹介されてました。

二葉さんのメニューは?

単品メニュー、ご飯物、定食、セットメニュー、サイドメニュー、期間限定メニュー、麺類、湯類などがありました。

一部のメニューのみ、紹介します。

単品メニュー

  • 餃子 550円(税込)
  • 野菜炒め 650円(税込)
  • ニラレバ炒め 850円(税込)
  • 肉野菜炒め 850円(税込)
  • 唐揚げ 1,000円(税込)

ご飯物

  • 炒飯 650円(税込)
  • 中華丼 800円(税込)
  • 天津丼 850円(税込)
  • カレーライス 750円(税込)
  • オムライス 800円(税込)

定食

  • 生姜焼き定食 850円(税込)
  • 細切り肉とピーマン炒め定食 850円(税込)
  • マーボ豆腐定食 850円(税込)
  • ニラレバ炒め定食 1,000円(税込)
  • 酢豚定食 1,000円(税込)

セットメニュー 各800円(税込)

  • 半チャンラーメン
  • 半カレーラーメン
  • 半マーボラーメン

サイドメニュー 各300円(税込)

  • 半チャーハン
  • 半カレー
  • 半マーボ丼

期間限定メニュー

  • つけ麺 850円(税込)
  • 冷し中華 850円(税込)

麺類

  • ラーメン 550円(税込)
  • タンメン 730円(税込)
  • ワンタンメン 800円(税込)
  • 広東メン 850円(税込)
  • 特製チャンポン 900円(税込)
  • 上海焼きそば 850円(税込)

湯類

  • 野菜スープ 350円(税込)
  • 玉子スープ 400円(税込)
  • 椎茸スープ 400円(税込)

二葉さんでオムライスを食べてきました!

アクセスは?

学芸大学駅から1分くらい歩いたところにあります。赤い看板が目印です。

どんな雰囲気のお店なの?

テーブルと座敷あわせて、42席の広さの店内です。町中華感が溢れています。

▼テーブル
テーブルと椅子の簡易感は、愛すべき存在でした。

二葉さんテーブル

▼座敷
地元の好きだった町中華も座敷があったことを思い出し、座敷は「思い出の町中華」を感じました。

二葉さん店内

行列・混雑状況は?

土曜の12:40に伺ったときは、並ぶことなく入れましたが、ほぼ満席状態でした。

回転は速いですが、席が空いたら、案内していく方式となっていたため、大体1〜2組が並んでました。

さて、お味は?

『オムライス』を注文しました。

お店にいた半数以上の人がオムライスを頼んでました。中には大盛りにしている人もいました。

中華料理店で、オムライスを頼むのは、不思議な感覚があります。一瞬、何屋さんに来たかの忘れそうになります。

 

オムライスの横には、しば漬けがのっていました。

上からオムライスとスープ

スープも付いており、しっかりした味の中華スープでした。

オムライスとスープ

綺麗に成形されたオムライスの上に、ケチャップがかかっています。

オムライス

玉子はしっかりめに焼かれており、中には、黒胡椒がかなり効いたケチャップライスが入ってました。

二葉さんのオムライスには、ポークは入っていないように感じました。

オムライスの断面

全体的には、味が濃いめのオムライスでした。

一口のオムライス

町中華のオムライスは、チキンライスではなく、ポークライスなところが多いのが特長です。また、ラーメンのスープを混ぜているところもあります。

ちゃわん武士

繊細な洋食のオムライスに比べて、ワイルドな印象があります。

町中華のオムライス好きには堪りませんね!

 

ご馳走さまでした。

二葉(ふたば)
東京都目黒区鷹番3-3-17
営業時間:[日~金]12:00~15:00 17:00〜21:00 [土]12:00~15:00
定休日:火

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・

宅麺.comとは、有名店の味をご自宅で楽しめる、ラーメンの通販サイトです

 

おすすめポイント

・お店のスープ、麺、具材を、そのまま冷凍して、「お店と同じ味」を届けてくれる

・調理する手間はかかるが、お店へいく交通費、並ぶ時間を節約できる

・ラーメンの種類も豊富で、有名店も参加している

 

宅麺

宅麺してみる