自由が丘でうなぎといえば、ほさかやさん【鰻串とお酒の組合せは最高の贅沢だった】

ちゃわん武士です。

自由が丘エリアで、有名なグルメといえば、

などがあります。

今回は、『ほさかや』さんを紹介します。

ほさかやさんってどんなお店なの?

1950年創業、自由が丘で人気の鰻屋さんです。

ランチタイムは、うな丼、うな重を食べることができます。ディナータイムは、鰻の串をつまみに、飲むことができます。

コの字型のカウンターで、風情を感じながら、過ごすことができます。

ちなみに、吉田類さんの酒場放浪記でも紹介されたことがあります。また、テレビドラマ「今夜はコの字」のロケ地でもあります。

もちろん、鰻の蒲焼きをテイクアウト(持ち帰り)できます。

カード払いはできなくて、現金払いのみのように感じました。ただ、「タッチ決済がご利用いただけます」の看板があったので、そちらは利用できるか聞いてみると良いかもしれません。

ちゃわん武士

値段もリーズナブルなので、嬉しい!

ほさかやさんのメニューは?

一部のメニューのみ、紹介してます。 税込価格で表記してます。

ランチメニュー

  • うな丼 1,500円
  • うな重 2,900円
  • きも吸 100円

ディナーメニュー

うなぎ

  • 蒲焼き(大) 1,700円
  • からくり焼 400円
  • きも焼 300円
  • ひれ焼 300円
  • かしら焼 300円
  • 塩焼 400円
  • 3点セット600円
    • う巻き
    • 八播巻
    • うなぎの煮こごり
  • う巻き 400円
  • もろきゅう 150円
  • うざく 400円
  • 鰻レバー酒蒸し 300円
  • 煮こごり 300円
  • お新香 150円

お酒

  • ビール 大:650円 小:400円
  • 清酒 上撰:400円 佳撰:350円
  • 焼酎 400円

ほさかやさんで鰻を食べてきました!

アクセスは?

自由が丘から1分くらい歩いたところにあります。金田さんと同じ並びです。

どんな雰囲気のお店なの?

コの字型のカウンターのみ、15席の広さの店内です。昭和感が漂っています。

ほさかやさん店内

行列・混雑状況は?

休日の18:40に伺ったときは、運よく並ぶことなく入れました。お客さんの混雑度は、ほぼ満席でした。

鰻の蒲焼きをテイクアウトしていくお客さんもいました。

ちゃわん武士
地元の人に愛されているお店です。

さて、お味は?

鰻の串焼きを全て注文してみました。今晩のお供は、ビール小にしました。

ちなみに、カウンターを見てみると、緑茶ハイを頼んでいる人が多かったです。

小ビール

達筆すぎて、メニューが読めませんでした。

からくり、きも、ひれ、かしらは、たれ焼きでした。鰻の頭から尻尾まで、楽しめます。

鰻の串たれ

かしらの脂の旨味を感じる一方で、きもの苦味も感じることができます。どれも全く違う食感で、違う味でした。

鰻

塩焼は、わさびで頂きます。最後は、さっぱりで締めました。

鰻の串塩

卓上には、山椒、七味がありました。お好みでご利用ください!

卓上の調味料

いやー、最高すぎて、もっと食べれましたが、お酒がタイムアップで、今夜は、串を満喫させていただきました。

ちゃわん武士
2せんべろでした。

どうやって、会計しているのかを見てみると、串の長さで値段を判別しているようでした。アナログだけど、素晴らしいアイデアですね!

ちゃわん武士
鰻の串とお酒の組合せは、最高の贅沢でした。

 

ご馳走さまでした。

ほさかや
東京都目黒区自由が丘1-11-5
営業時間:[月~金]11:30~14:00 16:30~21:00 [土祝]11:30~14:00 16:00~21:00
定休日:日、第2月 ※祝日の場合は、第3月

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・

宅麺.comとは、有名店の味をご自宅で楽しめる、ラーメンの通販サイトです

 

おすすめポイント

・お店のスープ、麺、具材を、そのまま冷凍して、「お店と同じ味」を届けてくれる

・調理する手間はかかるが、お店へいく交通費、並ぶ時間を節約できる

・ラーメンの種類も豊富で、有名店も参加している

 

宅麺

宅麺してみる