赤坂で韓国料理ランチ。ソルロンタン専門店の一龍さんは、5階が本店、1階が別館でした。

ちゃわん武士です。

赤坂エリアは韓国料理の激戦区。

例えば、

  • ソルロンタンの、一龍(いちりゅう)さん
    • 本店と別館がある
  • ハンゲタンの、チョンギワさん
    • 本館と新館がある
  • コスパが良い、チョンソルさん
  • ケジャン専門店の、プロカンジャンケジャン 赤坂店さん
  • アットホームな、古家庵(コカアン)さん

などがあります。

今回は、『一龍(いちりゅう)』さんを紹介します。

一龍(いちりゅう)さんってどんなお店なの?

赤坂にある、雪濃湯(ソルロンタン)専門の韓国料理屋さんです。
本店と別館があり、同じビル内にあります。ちなみに、別館は、24時間営業です。

人気メニューは、もちろん、雪濃湯(ソルロンタン)。
牛ほほ肉をじっくり煮込んで、牛の旨味をぎっしり詰めた、白濁スープはあっさりしています。

一龍 本店さんのメニューは?

税込価格で表記しています。

ランチメニュー

  • 雪濃湯(ソルロンタン) 1,620円
  • スユック(特選和牛頬の蒸し肉) 2,100円
  • チヂミ(海の幸と五種類の野菜入り) 2,100円
  • チャプチェ(春雨、牛肉、五種野菜炒め) 2,100円
  • コリコムタン 950円
  • ユッケジャンクッパ 850円
  • カルビクッパ 850円
  • ビビムウドン 850円
  • ビビムバ 750円
  • クッパ 750円

一龍 本店さんでランチしてきました!

アクセスは?

赤坂駅から5分くらい歩いたところにあります。5階が本店、1階が別館となっています。

どんな雰囲気のお店なの?

テーブルと座敷あわせて、35席の広さの店内です。

一龍さん店内

行列・混雑状況は?

平日の12時過ぎに伺ったときは、1組待ちでした。
この日は運悪く、15〜20分くらい待ちました。どうやら、15人くらいの団体が先に入って、昼ごはんを食べていたからでした。

さて、お味は?

『コリコムタン』を注文しました。

コリとは、尻尾のこと。牛の尻尾の骨を弱火でコトコト煮込んだコムタンが、コリコムタンです。

白くなるまでじっくり煮込むので、白濁スープです。
ご飯は、別皿で出てくる店もありますが、一龍さんでは、スープの中に入ってました。

コリコムタン

牛テールは、骨だけでなく、肉も付いていました。
めちゃくちゃ柔らかい肉でした。

牛肉

また、ホルモン(モツ)も入ってました。

モツ

全体的には、優しい味で、ご飯の量も多めだったので、ボリューム的にも大満足でした。

サイドには、キムチやナムルなどの小皿が付きます。

小皿

大根のキムチは、大きめのカットでした。

大根キムチ

1階が本店かと思いきや、5階が本店でした。

ご馳走さまでした。

一龍 本店
東京都港区赤坂2-13-17 シントミ赤坂第2ビル 5F
営業時間:11:00~翌3:00
定休日:日一龍 別館
東京都港区赤坂2-13-17 シントミ赤坂第2ビル 1F
営業時間:24時間営業
定休日:なし

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・