御成門で中華料理ランチ。湖南料理の味芳斎さんでは、日本一の麻婆豆腐とも言われる料理が味わえる【他の料理も絶品】

ちゃわん武士です。

御成門エリアはあまりお店がありません。
周辺を食べ歩いた結果、

などが、おすすめです。

今回は、『味芳斎(みほうさい) 』さんを紹介します。

味芳斎(みほうさい)さんってどんなお店なの?

大門近くに本店を構え、御成門近くに支店を構えている、まもなく創業60年を迎える老舗の中華料理屋さんです。
中国の八大料理の一つ、湖南料理を食べることができます。「鮮辣(シェンラー):生の青唐辛子を使った辛さ」の強烈な風味から「中国で一番辛い料理」と呼ばれています。驚くことに、リピート率85%だそうです。

特に人気なのが、牛肉飯、麻婆豆腐(丼、定食)、ピーマン・レバー炒めです。
ちなみに、麻婆豆腐は見たことない風貌をしています。日本一の麻婆豆腐と呼ばれたり、麻婆丼は、記念すべき、第一回全国丼グランプリの中華丼部門で金賞に輝いています。

味芳斎 支店さんのメニューは?

お昼のサービスメニュー

  • 茄子とひき肉の辛し煮 900円
  • 肉・野菜うま煮 850円
  • マーボー豆腐 850円
  • ピーマン・レバー炒め【月水金】 850円
  • ニラ・レバー炒め【火木】 850円

オプション

  • 料理の大盛り 150円
  • ご飯のお替り 100円 ※ご飯の大盛、中盛はサービスです

その他メニュー

  • 牛肉飯 1,300円
  • 中華丼 850円
  • 炒飯(チャーハン) 850円
  • 麻婆丼 850円
  • 牛肉麺 1,300円
  • 広東麺 850円
  • 湯麺(タンメン) 850円
  • 高菜そば 850円
  • 麻婆麺 850円
  • 炒麺(ヤキソバ) 850円
  • ザーサイ挽肉辛し麺 850円

味芳斎 支店さんでランチしてきました!

アクセスは?

御成門から3分くらい歩いたところにあります。大門からは5分くらいです。
ちなみに、歩いていける距離に、本店もあります。

どんな雰囲気のお店なの?

56席の広さの店内です。

味芳斎 支店さん店内

行列・混雑状況は?

平日の13時過ぎに伺いましたが、並ぶことなく入れました。ただ、ほぼ満席状態でした。
本店にもいったことがありますが、支店の方が広いので、待つ確率は低いです。

さて、お味は?

昔、本店で「麻婆豆腐」を食べたことがあるので、今回は「ピーマン・レバー炒め」狙いでいきました。
実は、この料理も人気があります。

『ピーマン・レバー炒め』を注文しましたが、残念ながら、売り切れでした。
『野菜・レバー炒め』ならできるとのことで、そちらを注文しました。

上から野菜・レバー炒め

▼スープ
優しい味わいのスープ。

スープ

▼野菜・レバー炒め
あんかけによって、つやつや。どこか艶やかな雰囲気も醸し出していました。

野菜・レバー炒め

ご飯が進む味付けでした。ご飯の減りが早かったので、次回は、ご飯を中盛りにしてもらいます。

レバーオンザライス

初めての方は、辛いのが好きなら、ぜひ「麻婆豆腐」をご賞味あれ!
辛いのがちょっと苦手なら、「牛肉飯」か「ピーマン・レバー炒め」を食べるとよいでしょう♪

一見すると、普通の中華料理なんですが、食べてみると、何か違うなと感じさせる、そんな凄さがある、味芳斎(みほうさい)さんでした。

ご馳走さまでした。

味芳斎(みほうさい) 本店
東京都港区芝大門1-4-13
営業時間:11:00~15:00 17:30~22:00
定休日:土日祝

味芳斎(みほうさい) 支店
東京都港区芝大門1-10-1 全国たばこビル 1F
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00
定休日:日

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・