代々木の楢製麺(ならせいめん)さんのラーメン。実はうどんだった!

ちゃわん武士です。

代々木のラーメンやさんはこだわり派ばかり。

生姜のらーめんがあったり、ラーメンとうどんの間の麺があったり、二郎にインスパイアされた自作ラーメンを出したりとさまざま。

今回は、新しくオープンした、シンプルの極み『楢製麺(ならせいめん)』さんを紹介します。

楢製麺(ならせいめん)さんってどんなお店なの?

2019年5月6日に代々木でオープンしたラーメンやさんです。塩らーめん、醤油らーめん、鶏白湯らーめんと思いきや、実はうどんの進化系だそうです。

実は『うどん 慎』さんの新業態だそうです。慎さんを知っている人からすれば、期待大というか間違いないですね!

楢製麺(ならせいめん)さんのメニューは?

ラーメンではなくうどんの進化系

  • 塩 750円
  • 特製塩 1,350円
  • 醤油 750円
  • 特製醤油 1,350円
  • 鶏白湯 950円
  • 特製鶏白湯 1,550円

ビール

  • 樽生ビール キリンブラウマイスター 700円
  • 東京ブロンド600円
  • 東京ホワイト600円
  • 東京IPA 600円
  • スプリングバレーブルワリー496 600円
  • 水曜日のネコ 400円
  • 東京ブラック 400円

▼ショーケース

ビール

※日本酒もあります

楢製麺さんに行ってきました!

ディナー編

アクセスは?

JR代々木駅北口から4分くらい歩いたところにあります。JR新宿駅南口から7分くらい。ちなみに、最寄り駅は南新宿で徒歩3分になります。

どんな雰囲気のお店なの?

8席の広さの店内です。薄暗い洗練された空間は、おしゃれという言葉がピッタリ!

楢製麺さんのカウンター席

さて、お味は?

『塩』を注文しました。

▼引き出し
木のテーブルの引き出しに箸やおしぼりが入っています。余計なものは、見せない拘りを感じました。

引き出し

▼水のサーバー

水を入れるサーバーもシックな黒の幾何学的なカットでカッコよかったです。

ちゃわん武士

ちょっと欲しい!

サーバー

お待ちかねの塩。特製だとお肉と卵が入ってますが、あえてのシンプルチョイス。

この絵を撮りたかった〜笑

上から塩らーめん

タケノコが印象的。なかなか見かけないですよね?

塩らーめん

麺はかなり変わっていて、新感覚です。いい塩梅で縮れていて、ススると、リアルにズルズルという音がなります。
悪くいえば、カップラーメンの麺に近い感じがしました。

▼麺
自家製麺は、北海道産の小麦「ゆめちから、春よ恋、きたはなみ」をブレンドし、コシと弾力の両方を感じられる麺を目指してます。特徴は、かんすいを使っていないこと。
ちなみに、「ラーメン」と「うどん」の違いは、かんすいを使用しているかどうかなので、ラーメンではなく、うどんの進化系だそうです。

麺

▼スープ
スープは黄金に輝いています。単純だけど、複雑で奥深い塩スープでした。
山梨県産信玄鶏と鳥取県産大山鶏からとった出汁、羅臼昆布の出汁を合わせて仕上げています。

スープ

卓上のある調味料もイケてる〜

卓上調味料

塩スープなので、ブラックペッパーも入れると、味が締まります。

ブラックペッパーかけた塩らーめん

▼タケノコ
大きなサイズのタケノコ。鹿児島県産の無添加真竹を使用。

タケノコ

具はネギとタケノコのみだから、麺とスープと向き合えます。

ちなみに、特製に入ってる肉は、炙り鶏チャーシュー、ロースト豚チャーシュー、豚トロチャーシューの3種類です。
卵は、栃木県産平飼い鶏の有精卵です!

昔はそれほど並ば内で食べれた、うどん慎さんですが、海外のお客さんが多く、今や常に大行列店になりました。
同じ経緯を辿れば、今後は行列店になる可能性高いですね!急げ!

食べログでもみる

次はどこ行こうかな?

代々木のラーメンやさんをまとめています。参考まで。

あわせて読みたい

代々木は学生が多いので、価格帯も低めに設定されています。一人でも気軽に寄れるお店も多々あります。その代表格がラーメンやさん。駅近くに多いのが特長的。即食べて、即電車に乗って、帰宅できますね!今回は、代々木[…]

代々木駅

 

ご馳走さまでした。

楢製麺(ならせいめん)
東京都渋谷区代々木2-26-2 第2桑野ビル
営業時間:11:00~22:00
定休日:不定休

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・