100年続く馬子禄(マーズルー)さん。ラーメンの聖地”蘭州”の牛肉面が神保町に初上陸!

ちゃわん武士です。

海外の人気店が日本にきて、商売することは難しいんじゃないでしょうか?誰かが情熱込めてプロジェクトを進めてくれたからこそ、オープンできたと思うと、ありがたたすぎます!

このブログは、「海外に行かなくても、海外気分♪」を味わえるようなお店を紹介しています。なので、日本初上陸したお店は、コンセプトにぴったり⁉︎

今回は、中国からきた老舗蘭州ラーメン店『馬子禄(マーズルー)』さんを紹介したいと思います。

馬子禄(マーズルー)さんってどんなお店なの?

中国で有名な、100年の伝統を誇る老舗ラーメンやさんです。日本初上陸。蘭州(らんしゅう)ラーメンと呼ばれるラーメンを食べることができます。店内には45席あります。麺を作ってのを見れるので、少し工場見学にきた気分になれます。

営業時間は、
【昼の部】11:00〜15:00
【夜の部】17:00〜20:30
です。

スープなくなり次第、終了とのことなので、
気になるかたは、公式ホームページでチェックを♪

馬子禄(マーズルー)の公式ホームページ

http://lanzhou-lamian.com/

馬子禄(マーズルー)さんってどこにあるの?

神保町駅A7出口から右に出て、靖国通りを約3分歩いたところにあります。書泉グランデと三省堂書店の近くです。

馬子禄(マーズルー)さんのメニューは?

メニューは、
『蘭州牛肉面(ランシュウギュウニクメン)880円』
のみ。

注文方法が3ステップ。

  1. 麺の太さを選ぶ
    • 細麺(スタンダード)
    • 平麺(きしめん風)
    • 三角麺(スープが絡む個性派)
  2. トッピングを大盛りにする?
    • パクチー大盛 +120円
    • 牛肉大盛 +200円
  3. お好みを聞いてもらえる
    1. パクチー
      • 抜き
      • 少なめ
    2. ラー油
      • 抜き
      • 少なめ
      • 多め
    3. 葉ニンニク
      • 抜き
      • 少なめ
    4. 黒酢
      • 不要
    5. 紙エプロン
      • 不要

馬子禄(マーズルー)さんに行ってきました!

昨日、神保町にある、馬子禄 牛肉面(マーズルー ぎゅうにくめん)さんにいってきました。
まだ興奮さめやらぬ状態です。

こちらが、蘭州牛肉面(ランシュウギュウニクメン)の細麺です。

麺は、細麺、平麺、三角麺の好みの太さを選べます

スープは、牛骨や牛肉を10種類以上のスパイスと、
一緒に長時間煮込んで作っています。

『パクチー』と、『ラー油』が入ってるので、
好みが分かれそうな料理ですが、

「注文時に、両方入れて大丈夫ですか?」と
聞かれるので、安心してください。

店内で、麺を作っています。
打ち立ての麺が、凄くいい。

スープも、なかなか日本では食べれるない味です。

希望としては、そのまま食べてほしい。
『パクチー』と、『ラー油』抜きでも、
この麺とスープは、食べる価値あり。

ほんと伝統と、奥深さを感じる一品でした。

また、お邪魔します♪

馬子禄 牛肉面(マーズルー ぎゅうにくめん)
東京都千代田区神田神保町1-3-18
営業時間:11:00〜15:00 17:00〜20:30
※スープが無くなり次第終了
定休日:なし

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・