白金高輪で町中華ランチ。お腹いっぱいになりたいなら、天山飯店さんがおすすめ!

ちゃわん武士です。

白金高輪で中華料理といえば、

が有名です。

どこも甲乙つけがたい名店ばかりです。

今回は、『天山飯店(てんざんはんてん)』さんを紹介します。

天山飯店(てんざんはんてん)さんってどんなお店なの?

天山飯店さん看板

1975年4月創業、白金高輪にある中華料理屋さんです。いわゆる、老舗の町中華です。

味噌ラーメンのような、たんたんめんが人気で、プロ野球選手の青木宣親さんも大好きだという逸品です。

どの料理もボリュームたっぷりなので、食いしん坊にはもってこいのお店です。

天山飯店さんのメニューは?

一部のメニューのみ、紹介してます。

  • たんたんめん 900円(税込)
  • 肉そば 900円(税込)
  • 広東めん 900円(税込)
  • たんめん 900円(税込)
  • 中華丼 900円(税込)
  • 肉野菜炒め 900円(税込)
  • 野菜炒め 800円(税込)
  • 五目炒飯 1,100円(税込)
  • 炒飯 900円(税込)
  • レバニラ炒め 900円(税込)
  • 焼き肉 950円(税込)
  • 昼のみ ライス 50円(税込)

天山飯店さんでランチしてきました!

アクセスは?

白金高輪駅から3分くらい歩いたところにあります。

どんな雰囲気のお店なの?

カウンターとテーブル合わせて、25席の広さの店内です。ベタつきが一切なく、清潔に保たれている空間でした。

天山飯店さんカウンター

行列・混雑状況は?

平日の12:20に伺ったときは、4組が並んでました。ただ、随時入店していったので、5〜7分で入れました。

さて、お味は?

たんたんめんを頼んでいる人が多かったです。

迷ったけど、『レバニラ炒め』を注文しました。何もいわずとも、定食できました。

見た目は至って普通です。ボリュームが多いことは一瞬でわかります。

ちなみに、”麺類”の器もめちゃくちゃデカいです。どちらかというと、”定食”のほうがボリュームは控えめかと思います。

ちゃわん武士

実は、量にビビって、定食にしました。

上からレバニラ炒め定食

シンプルな定食です。レバニラ炒めと、ご飯、玉子スープ、漬物が付いていました。

レバニラ炒め定食

丁寧な玉子スープでした。「スープが旨い店は、料理も旨い」という言葉どおりになりました。

スープ

他の料理と変わらず、レバニラ炒めもボリュームたっぷりでした。

レバニラ炒め

もやしも多いが、レバーも多かった。特に、もやしのしゃきしゃきさを絶妙に残した、美味しいレバニラ炒めでした。

レバニラ炒めとご飯

料金は950円で、内訳はレバニラ炒め(900円)+ライス(50円)でした。

オリンピック硬貨のおつりを用意されていました。ただ、単純にお金のやりとりをするのではなく、お客さんのことを考えた、素晴らしい接客でした。長年続いている理由は明らかでした。

近所の人から愛される接客と、お腹いっぱいの満腹感の両方が味わえる、白金高輪の町中華の名店でした。

ちゃわん武士
白金高輪の町中華は名店揃いで、恐るべし!

 

ご馳走さまでした。

天山飯店(てんざんはんてん)
東京都港区白金1-17-2 白金アエルシティ テラス棟 1F
営業時間:[月~金]11:00~14:30 17:00~21:00
定休日:土日祝

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・

宅麺.comとは、有名店の味をご自宅で楽しめる、ラーメンの通販サイトです

 

おすすめポイント

・お店のスープ、麺、具材を、そのまま冷凍して、「お店と同じ味」を届けてくれる

・調理する手間はかかるが、お店へいく交通費、並ぶ時間を節約できる

・ラーメンの種類も豊富で、有名店も参加している

 

宅麺

宅麺してみる