赤坂で天ぷらランチ。天茂さんのかき揚げ丼を食べてきた【茶色こそ正義だ】

ちゃわん武士です。

赤坂・溜池山王で天ぷらなら、

  • 金子半之助系列の、金子屋(かねこや)さん
  • かき揚げ丼が人気の、天茂(てんしげ)さん
  • 大正10年創業の、花むらさん

などがあります。

今回は、『天茂(てんしげ)』さんを紹介します。

天茂(てんしげ)さんってどんなお店なの?

昭和39年創業、赤坂にある老舗の天ぷらやさんです。

ランチタイムでは、かき揚げ丼が人気です。ディナータイムは、コースのみになります。

ちなみに、ごま油をベースに、サラダ油の王様といわれる綿実油(めんじゆ)をブレンドしたものを使用すると、カラリと揚がるようです。

天茂さんのメニューは?

天茂さんメニュー

ランチメニュー

  • かき揚げ丼(小海老と小柱のかき揚げ) 1,400円
  • 天丼(穴子とキス) 1,400円
  • 味噌汁(しじみ、赤出汁) 100円
  • ビール 600円

ディナーメニュー

コース

  • 天ぷらコース 7,000円

天茂さんのかき揚げ丼を食べてきました!

アクセスは?

赤坂駅から3分くらい歩いたところにあります。赤坂見附駅から4分、溜池山王駅から5分くらいです。

どんな雰囲気のお店なの?

カウンターとテーブルあわせて、22席の広さの店内です。

▼テーブル席

天茂さん店内

▼コの字型カウンター
天ぷらと向き合うお客さん

天茂さんカウンター

行列・混雑状況は?

平日の12:00過ぎに伺ったときは、並ぶことなく入れました。
ほぼ満席状態でした。

さて、お味は?

『かき揚げ丼(小海老と小柱のかき揚げ)と味噌汁』を注文しました。

出来上がるまでのプロセスも楽しめます。

分業された、

  • 天ぷら(かき揚げ)を揚げる係
  • タレをかける係
  • お客さんへ運ぶ係

の共同作業。

「かき揚げ丼」が完成するまでの一連の流れをみると、揚げたての天ぷらを、秘伝のタレにサクッと浸して、あらかじめタレをかけた熱々のご飯の上に置いていました。

立ち昇る、赤出汁の湯気と、大きなかき揚げの迫力。
漬物も付いています。

上からかき揚げ丼

かき揚げの形状は、まるで「要塞」のよう。複雑であるがゆえ、大胆さを感じました。
一方で、よく見ると、柚子の皮が入っていました。甘いタレの中に光る味と香りは、味への繊細さを感じました。

かき揚げ丼

どちらかというと「地味メシ」。インスタ映えのような華やかさはないが、美味しい料理のこと。

地味メシ
カラフルグルメや塊肉のようなビジュアルでない、地味な色(茶系)の食事を総称したもの

ホットペッパーグルメ外食総研

タレに浸されたかき揚げは、時間の経過とともに、奥まで染み込んでいきます。

食べていると、小海老とは思えないくらいの大きさの海老が、ちょこんと現れます。

かき揚げ丼断面

もちっとカリカリと食感を味わっているうちに、ペロリと完食しちゃいました。

残念ながら、かき揚げ丼のクオリティーが高すぎて、しじみの赤出汁が普通に感じます。
なくても、十分楽しめるので、汁物がほしい人のみ頼みましょう♪

長年愛され続けられているには、理由があります。
かき揚げの重さは、伝統や歴史の長さを感じる逸品でした。

夜はコースのみになります。

食べログに電話番号がのっていました。参考まで。

食べログで確認する

 

ご馳走さまでした。

天茂(てんしげ)
東京都港区赤坂3-6-10 第3セイコービル 2F
営業時間:11:30~14:00 18:30~22:00
定休日:土日祝

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・