東京で大阪発のインデアンカレーを食べれるのは、丸の内店のみ

ちゃわん武士です。

大阪のカレーといえば、「インデアンカレー」と「マドラスカレー」が有名です。

甘辛いという系統は似ていますが、味は全然違います。

なぜかまた食べたくなるという中毒性をもっている点は、両店とも共通しています。

今回は、『インデアンカレー』さんを紹介します。

インデアンカレーさんってどんなお店なの?

大阪で、1947年創業のカレーやさんです。

特長は「辛さ」。これは諸刃の剣です。

ファンになるか?もう来なくなるか?

辛すぎて、残して帰ってしまったり、辛くて子供が泣き出してしまったというエピソードがあるものの、折れずに、信念持って、同じ味を提供し続けてくれています。

大阪に7店舗、兵庫に1店舗、東京1店舗にあります。
東京で食べられるのは、丸の内店だけです。

インデアンカレーさんのメニューは?

メニュー

  • インデアンカレー 750円
  • インデアンスパゲッティ 730円
  • ミートスパゲティ 680円
  • ハヤシライス 680円

オプション

  • ルーダブル 500円
  • ルー大盛りライス大盛り 200円
  • スパゲッティ大盛り 50円
  • ピクルス大盛り 50円
  • タマゴ入り 50円

ドリンク

  • ビール 300円
  • コーラ 200円
  • ウーロン茶 200円

※他にもメニュー多数あります。

インデアンカレーさんに行ってきました!

ディナー(丸の内店)編

アクセスは?

東京駅から3分くらい歩いたところにあります。

どんな雰囲気のお店なの?

カウンターのみ21席の広さの店内です。

インデアンカレーさん店内

さて、お味は?

『インデアンカレー』を注文しました。
辛いので、いつも卵をトッピングしています。

インデアンカレー

口に入れた瞬間は、甘いのが曲者。
食べていると、だんだん、辛いかもということに気づきます。

たくさんのスパイスに、野菜やフルーツを使って作っているようです。

一口カレー

キャベツのピクルスもインデアンカレーさんでは定番です。

キャベツのピクルス

オリジナルの紙ナプキンもカッコイイ。

オリジナルの紙ナプキン

大阪(梅田)でお腹が減ったら、よく通ってたインデアンカレーさん。
ちなみに、三番街店、堂島店、アバンザ店によく行ってました。

女性一人でも入りやすいお店なので、仕事帰りに寄ってみてはいかがでしょうか?

ご馳走さまでした。

インデアンカレー 丸の内店
東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA B1F
営業時間:11:00~22:00
定休日:1/1

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・