【カフェ・珈琲】モジョ コーヒー(Mojo Coffee)さん@神楽坂

ちゃわん武士です。

先日、神楽坂にあるニュージーランド発の人気コーヒーショップ、モジョ コーヒー 神楽坂店 (Mojo Coffee)さんに行ってきました。
近くには、世界的建築家・隈研吾氏がデザインした、赤城神社があります。
この神社は、住宅部門と、ビジネスソリューション部門の2部門で、2011年度グッドデザイン賞を受賞しています。伝統を残しつつ、現代の神社へと、生まれ変わった神社のように感じます。
神楽坂は、フランス語の語学学校があった影響か?、フランスに一番近い街と言われています。通称、「プチ・フランス」。
個人的には、「フランス」と「日本」をいい感じに融合した、大人のおしゃれな街な感じがします!

調べてみると、ニュージーランドの首都である、ウェリントン(Wellington)という街は、「コーヒー文化の首都」と言われています。そのウェリントンをはじめ、オークランド(Auckland)に、35店舗も展開している、『Mojo Coffee』さんは、ニュージーランドの人に愛されています。

『MOJO』の看板が目印です。

MOJO

店内に入ると、めちゃくちゃかっこいい店内。

モジョコーヒー店内

以下のものが、気になりました。

  • フラットホワイト
  • エスプレッソトニック
  • 窒素入りアイスコーヒー

他にも、たくさんメニューがありました。

友達曰く、『フラットホワイト S:450/M:500/L:550円』がオススメらしく、それを注文しました。
フラットホワイトとは、エスプレッソに、泡立てたミルクを入れて作ります。これだけ聞くと、カフェラテと同じように思えます。カフェラテよりも、ミルクの量が少ないので、その分エスプレッソの濃さがより際立ちます。

濃さ
カフェラテ < フラットホワイト < エスプレッソ

オーストラリア、ニュージーランドでは、カフェラテよりも、フラットホワイトが有名らしい。

フラットホワイト

確かに、エスプレッソの濃さが、ミルクに負けてない感じでした。
濃いカフェラテと思ってもらえば、イメージしやすいかも♪

ラテアートも、頼んだ3つとも、違う絵でした。
1つ1つ丁寧に作ってくれる、こういう配慮も嬉しいですね!

ちなみに、水のボトルも、おしゃれでした。

フラットホワイトですが、アメリカのスタバでは、提供されたらしく、日本のスタバでも飲める日が近いかもしれませんね。
楽しみです。

いい時間を過ごすことができました。
ご馳走さまでした。

 

モジョ コーヒー 神楽坂店 (Mojo Coffee)
東京都新宿区赤城元町4-11 米田ビル 2F

 

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・