秋葉原で行列できる牛かつ 壱弐参さん。明太子追加も人気です!

ちゃわん武士です。

秋葉原は肉の町。このブログではお馴染みです。
ステーキやとんかつ、牛タン、牛丼、牛かつなどがあります。

今回は、『牛かつ 壱弐参(ぎゅうかつ いちにさん)』さんを紹介します。

牛かつ 壱弐参(いちにさん)さんってどんなお店なの?

秋葉原にある人気の牛かつやさんです。

牛かつの魅力は、レア状態のカツの場合が多く、見た目も美しく、食欲をそそられます。加えて、一口サイズなので食べやすいのもいいですね!

牛かつ 壱弐参さんのメニューは?

定食

通常サイズ

  • 牛かつ麦飯セット(130g) 1,300円
  • 牛かつ麦飯とろろセット(130g) 1,400円

二枚乗せ

  • 牛かつ麦飯セット(260g) 2,100円
  • 牛かつ麦飯とろろセット(260g) 2,200円

三枚乗せ

  • 牛かつ麦飯セット(390g) 2,900円
  • 牛かつ麦飯とろろセット(390g) 3,000円

単品

  • 追加牛かつ(130g) 800円
  • 追加きゃべつ 100円
  • 追加お味噌汁 100円
  • からし明太子 100円

お飲物

  • 生ビール 500円
  • 角ハイボール 300円
  • コーラ 200円

牛かつ 壱弐参さんに行ってきました!

ディナー編

アクセスは?

JR秋葉原駅から5分くらい歩いたところにあります。
末広町からは2分くらいです。

どんな雰囲気のお店なの?

13席の広さの店内です。
人気店なので、並んでいることも多い。海外からくる人も多く見られます。休日の17:00頃に伺いましたが、1組(2人)だけ並んでいました。

さて、お味は?

『牛かつ麦飯とろろセット(130g)』を注文しました。

牛かつのほかに、キャベツ、ポテトサラダ、ご飯、味噌汁、とろろ、漬物、タレ付き。
ご飯は1回までは無料です。

牛かつ麦飯とろろセット

見た目は、『牛かつ もと村』さんや、『あおな』さんなど、他の牛カツやさんとあまり変わりません。

牛かつ

少し違うのは、肉の質と揚げ方。
使用している肉によって、あっさり感が異なります。

表面を焼いて食べます。この食べ方もアトラクションのようで、牛かつの醍醐味です。

石で焼いた牛かつ

「和」を感じられる、わさびと醤油でさっぱり食べたり、ガーリックベース?の専用のタレで食べたり、味の変化を楽しみながら、ご飯を食べます。

薬味付き牛かつ

付いてたつけタレ。これ以外にも・・・

つけタレ

卓上にあった調味料。牛かつには岩塩をつけます。
また、キャベツ用のドレッシングもありました。

卓上にあった調味料

牛かつブームも一旦落ち着き、客足も控えめになった今、長時間待たなくなったで、チャンスです。牛かつを食べたことない人、他の店舗も牛かつを食べたことない人はぜひ体験してみてください。

とんかつよりもあっさりしていて、ペロっといけちゃうので、女性の方にもおすすめです。

個人的には、初めて牛かつを食べるなら、『牛かつ もと村』さんの王道から入ると、他の店との違いがわかり、牛かつの世界が楽しめると思います。

ご馳走さまでした。

牛かつ 壱弐参(ぎゅうかつ いちにさん)
東京都千代田区外神田3-8-17 渡辺ビル B1F
営業時間:[月〜金]11:00~21:00 [土日祝]10:00~21:00
定休日:なし

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・