和紅茶ベースのミルクティー専門店 千十一さんが渋谷にオープン!

ちゃわん武士です。

紅茶の産地といえば、

  • インド
  • スリランカ
  • 中国
  • ケニア

が有名ですが、実は日本でも作っています。
緑茶の生産地と同じで、静岡県、鹿児島県を中心に育てられています。
ちなみに、国産紅茶のことを、「和紅茶」と呼びます。

今回は、和紅茶をメインとする日本のミルクティー専門店『千十一(Senjuichi)』さんを紹介します。

千十一(Senjuichi)さんってどんなお店なの?

和紅茶をメインとする日本のミルクティー専門店です。
玄米茶やプーアル茶、抹茶、和紅茶をベースとした、タピオカミルクティーやチーズティーが味わえます。
店舗は、渋谷と銀座にあります。

千十一さん店内

千十一さんのメニューは?

シグネチャー

  • 押麦玄米茶ミルクティー S:500円 R:550円
  • プーアルチーズクリーマティー S:500円 R:550円
  • タピオカ抹茶ミルクティー(青汁入り) S:530円 R:580円
  • プリン和紅茶ミルクティー S:500円 R:550円

フレッシュティー

  • 和紅茶 S:350円 R:400円
  • プーアル茶 S:350円 R:400円
  • ジャスミンティー S:350円 R:400円

ミルクティー

  • 和紅茶ミルクティー S:430円 R:480円
  • 玄米茶ミルクティー S:430円 R:480円
  • 抹茶ミルクティー(青汁入り) S:480円 R:530円
  • アールグレイミルクティー S:430円 R:480円
  • プーアルミルクティー S:430円 R:480円

トッピング

  • タピオカ 70円
  • チーズクリーマ 70円
  • プリン 70円
  • 押麦 70円

※他にもメニュー多数あります。

千十一さんに行ってきました!

カフェ(渋谷店)編

アクセスは?

JR渋谷駅から10分くらい歩いたところにあります。表参道からも同じくらいです。
渋二エリアにあります。
スマイルキンパさんがあった跡地にオープンしました。

どんな雰囲気のお店なの?

6席の広さの店内です。コンセントも完備してます。充電に困ったときも便利ですね!
基本的にはテイクアウトになるかと思います。

平日だからなのか?店員さんが一人で会計してドリンクを作っていました。
このオペレーションでは混んでくると、激混みしそうです。混んでいない今はチャンスです。

店内のインテリアも「和風」で統一されていました。

千十一さん店内カウンター席

さて、お味は?

『プーアルチーズクリーマティー』を注文しました。

見た目は、ベースティーがプーアル茶のぶん、烏龍茶に近い茶色系の水色です。

プーアルチーズクリーマティー

プーアル茶は、紅茶に比べ、渋みが少ないので、スッキリとしています。

チーズクリームは若干甘めでした。
濃厚さは、恵比寿のコンマティーさんや、原宿の彩茶房さんの方が強めです。

チーズクリーム

全体的には、さっぱりとした後味でした。完成度が高かった。
今まで飲んだことない種類の飲み物でした。

千十一さん専用に作った六角形の容器がいい。ほど良い強度でテイクアウトとしてもバッチリです。
こういう些細なところからお店の拘りを感じます!

ベースに「プーアル茶」や「玄米茶」を使っているのは、今のところ『千十一』さんだけですね!

ご馳走さまでした。

千十一(Senjuichi/センジュウイチ) 渋谷店
東京都渋谷区渋谷2‐8‐12 ラ・グリスィーヌ渋谷大藤ビル 1F
営業時間:11:00~21:00
定休日:なし

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・