バスク料理を渋谷で満喫。サンジャン・ピエドポーさんのランチで仔牛のアショアを食べてきた!

ちゃわん武士です。

渋谷エリアでは、世界各国の料理を堪能できます。

日本人に馴染みのある、韓国料理、イタリアン、タイ料理をはじめ、少し馴染みのある、トルコ料理、ブラジル料理に加えて、珍しい、ジャマイカ料理、インドネシア料理、マレーシア料理などの料理があります。

渋谷エリアの世界の料理の事情については、以下の記事にまとめています。参考になれば、幸いです。

 詳しくみる:渋谷で世界の料理を堪能。皿の世界一周旅行をしてみた!

今回は、美食の街として有名なバスク地方の料理が食べられる『サンジャン・ピエドポー(Saint-Jean-Pied-de-Port)』さんを紹介します。

サンジャン・ピエドポー(Saint-Jean-Pied-de-Port)さんってどんなお店なの?

サンジャン・ピエドポーさん看板

2013年2月8日創業、渋谷にあるバスク料理店です。東京都内でも、バスク料理を食べれるところはあまりないので、貴重な存在です。

渋谷には、「アバスクイチャスエタメンディ(ABASQUE Itsas eta Mendi)」さんというバスク料理店があります。ちなみに、ここで働いていたシェフが独立して「サンジャン・ピエドポー(Saint-Jean-Pied-de-Port)」さんが生まれました。

美食の街としても有名なバスク地方は、フランスとスペインの間にあります。海と山の幸を、伝統と革新の調理法で作った、個性的な料理を食べることができます。

日本だと、「バスクチーズケーキ(バスチー)」が、コンビニスイーツとしても、大ヒットしたので、”バスク”という言葉は、身近になりました。ただ、「バスク料理」を食べたことがある人は、少ないかもしれません。

ちゃわん武士
バスクチーズケーキは、食べたことあるけど、バスク料理は、食べたことないという人におすすめです!

サンジャン・ピエドポーさんのメニューは?

一部のメニューのみ、紹介してます。

ランチメニュー

セットメニュー

  • ピエドボー 1,100円(税込)
    • 本日のメインディッシュ
  • バイヨンヌ 1,650円(税込)
    • 前菜またはデザート+本日のメインディッシュ+食後のお飲み物
  • ビアリッツ 2,200円(税込み)
    • 前菜+本日のメインディッシュ+デザート+食後のお飲み物

単品メニュー

  • バスク産生ハム 550円(税込)
  • パテバスク 550円(税込)
  • キッシュ 550円(税込)
  • 本日のスープ 550円(税込)

飲み物

  • フランス産ブドウジュース 330円(税込)
  • 100%オレンジジュース 330円(税込)
  • 100%りんごジュース 330円(税込)

ディナーメニュー

  • 3種盛り合わせ 1,650円(税込)
  • 5種盛り合わせ 1,980円(税込)
  • 自家製ピクルス 550円(税込)
  • 鶏白レバームース 750円(税込)
  • イワシの酢漬けマリネ 650円(税込)
  • ブータンバスク(豚の血ソーセージ) 1本:1,400円(税込)
  • バスクシャリキテール(生ハム・パテ・リエット) 1,650円(税込)
  •  単品 860円(税込)
    • バスク産生ハム
    • 小エビのピルピル(アヒージョ)
    • 生ベーコンのキッシュ
    • イイダゴのすみ煮
    • タラのコロッケ(4個)
    • バスク風トリップ煮込み

サンジャン・ピエドポーさんでバスク料理ランチしてきました!

アクセスは?

JR渋谷駅新南口から5分くらい歩いたところにあります。2階にあるので、通り過ぎにはご注意ください!

どんな雰囲気のお店なの?

カウンターとテーブル合わせて、14席の広さの店内です。

サンジャン・ピエドポーさん店内

行列・混雑状況は?

平日の11:55に伺ったときは、並ぶことなく入れました。お客さんは、2組でした。

さて、お味は?

『ピエドボー』を注文しました。メインディッシュのみですが、3種類の中から選ぶことができました。

  • モッツァレラチーズ入りミートパイ包み焼き、ピペラードソース
  • 仔牛のアショア、バターライス or フライドポテト
  • 鮮魚のパエリア

メインディッシュだけかと思いきや、サラダ、パンが付いてました。ただ、今回はバターライスにしたので、パンはなしにしてもらいました。

小さめの小鉢に、モリモリの野菜が盛られていました。

サラダ

初めてのアショアです。名前からだと、どんな料理かも想像できませんでした。

ちゃわん武士
初めての料理は、不安と共にあるワクワク感が堪りません。

結論からいうと、癖のない料理だったので、日本人でも食べやすい絶品グルメでした。

バターライスの上に、細かく刻んだ牛肉と、細切りのピーマンを混ぜたものがかかっていました。まるで、カレーライスのような見た目です。

ちなみに、アショアとは、バスク語で、細かく刻んだものという意味だそうです。今思い返すと、名前どおりで、たしかに刻んでましたね!

仔牛のアショア、バターライス

調べてみると、唐辛子を使った辛いタイプのアショアもあるようですが、辛くないタイプでした。

牛肉・ピーマンと、バターライスとの相性も抜群で、スプーンが止まりません。カレーライスを食べるときのような躍動感もありました。
※もちろん、カレー味ではありません

一口の仔牛のアショア、バターライス

仔牛のアショアを、かなり大雑把に表現すると、「青椒肉絲」と「ビーフストロガノフ」を足して、2で割ったような料理でした。

料理の世界もいろいろありますね!世の中には、まだまだ食べたことない料理がたくさんあるので、その出会いが待ち遠しいです!!

ちゃわん武士
バスク料理を語れると、通だと言われること間違いなし!

電話予約が便利です!

食べログに電話番号が掲載されていました。お問い合わせの際に、ご利用ください!

食べログをみる

 

ご馳走さまでした。

サンジャン・ピエドポー(Saint-Jean-Pied-de-Port)
東京都渋谷区東1-27-5 シンエイ東ビル 2F
営業時間:11:45~14:00 18:00~24:00
定休日:日

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・

宅麺.comとは、有名店の味をご自宅で楽しめる、ラーメンの通販サイトです

 

おすすめポイント

・お店のスープ、麺、具材を、そのまま冷凍して、「お店と同じ味」を届けてくれる

・調理する手間はかかるが、お店へいく交通費、並ぶ時間を節約できる

・ラーメンの種類も豊富で、有名店も参加している

 

宅麺

宅麺してみる