【和食・魚料理】ボガマリ 渋二(BOGAMARI SHIBUNI)さん@渋谷

ちゃわん武士です。

※閉店していました。北参道にある、『ボガマリ・クチーナ・マリナーラ』さんに行きましょう♪

渋谷の美食エリア「渋二(渋谷二丁目)」にある、ボガマリ 渋二(BOGAMARI SHIBUNI)さんでランチしてきました。
ここは、北参道にある、魚料理のみ提供するイタリアンの名店『ボガマリ・クチーナ・マリナーラ』さんの和食店に当たります。

ボガマリ・クチーナ・マリナーラさん
イタリア各地方の港町にあるような活気溢れる魚市場のトラットリアです。
公式ホームページ

雰囲気

「木のぬくもり」と、「高級感」を感じられるお店で、カウンター10席、テーブル20席、個室2室あります。

バミューダ(BALMUDA)の炊飯器「The Gohan」がありました。昔ながらの調理法も残しつつ、先端の技術も取り入れていながら、美味しさを追求するため、試行錯誤してくれているのかな?と感じました。「伝統」と「革新」の両方とも大事にしたいですね!

カウンター

メニュー

  • シラス丼(漬け物、味噌汁つき) 1,000円

※「この日は諸事情により、上記のみでのご提供となります」との張り紙あり。

別の日だと、「海鮮丼(1,500円)」、生、漬け、炙りほぐし身の3種のぶりが楽しめる、「ブリちらし(1,200円)」、たっぷりのかき揚げと穴子と野菜がのった、ボリューム満点の、「穴子と野菜の天丼(1,200円)」、三色丼(2,500円)がありました。

実食

『シラス丼』を注文しました。

まず、驚いたのは、おしぼり。この厚さです。なんと、今治のタオル。しかも、いいランクのやつです。この拘りが「渋二エリアかー」と勝手に思ってます笑。
おしぼり

シンプルに、シラス丼と、漬物と、味噌汁のみです。無駄がない、この美しさ。

上からシラス丼

見ただけでもわかる、鮮度の良さ。肉厚のシラスもいいですね!

シラス丼

もう少し食べたいなと感じるほど、すぐ食べ終わりました。ご飯が進む君でした。今回は、シラス丼だけだったけど、これは、他の料理も食べたくなりますね!

「魚介の良さを多面的に伝えていきたい」という想いから、お店をオープンした『ボガマリ 渋二』さんでは、東京ではなかなかお目にかかれない魚を食べることができます。さらに、調理法も工夫がいっぱいで、食事を楽しませてくれること間違いなしです。

ご馳走さまでした。

ボガマリ 渋二
東京都渋谷区渋谷2-10-6 山田青山ビル 1F
営業時間:[月~金]11:30~14:00 17:30~24:00 [土・祝]17:30~24:00
定休日:日曜

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・