恵比寿でタイ料理。東京カオソイさんのカレーラーメン、ライスとラー油にやられた!

ちゃわん武士です。

恵比寿でタイ料理といえば、

などがあります。

今回は、『東京カオソイ』さんを紹介します。

東京カオソイさんってどんなお店なの?

恵比寿にあるタイ料理屋さんです。

もちろん、人気メニューは、カオソイです。他には、ガパオライス、パッタイ、グリーンカレー、フォー、ナシゴレン、チキンライスなどを食べることができます。

テイクアウトもできます。

東京カオソイさんのメニューは?

東京カオソイさんメニュー

一部のメニューのみ紹介してます。

麺類

  • カオソイ 870円
  • カオソイ(麺大盛) 1,020円
  • パクチーカオソイ 970円
  • パクチーカオソイ(麺大盛) 1,120円
  • 大盛りエスニックフォー(豚肉) 920円
  • 大盛りエスニックフォー(鶏肉) 920円
  • トムヤムフォー 900円
  • パッタイボーラン 920円

ご飯類

  • プラトゥーナム名物 タイ風海南鶏飯 920円
  • 辛い!目玉焼きのせガパオごはん 970円
  • グリーンカレー 920円
  • 半熟卵のナシゴレン 880円
  • カオガイヤーン 920円
  • ご飯大盛り券 110円
  • 半ライス 30円

一品料理

  • ローストチキン(丸1羽) 2,500円
  • ローストチキン(半羽) 1,300円
  • パクチーサラダ 880円

東京カオソイさんでカオソイ(カレーラーメン)を食べてきました!

アクセスは?

JR恵比寿駅東口から7分くらい歩いたところにあります。
恵比寿ガーデンプレイス方面で、カレーの店 ボンベイさんの近くです。

どんな雰囲気のお店なの?

1階と2階合わせて、25席の広さの店内です。

▼2階席

東京カオソイさん店内

行列・混雑状況は?

平日の19:00過ぎに伺ったときは、並ぶことなく入れました。
お客さんは、2〜3組いました。

さて、お味は?

店の入口にある券売機で、食券を買います。
『カオソイ』にしました。

カオソイの食べ方が、お店に書いてました。

  1. まずはレモンを絞ってスープと麺をひとくち
  2. 続いて焦がしラー油(カオソイ用チリオイル)を投入
  3. 最後にライスとさらにラー油
    ※辛党には「焦がしチリパウダー」もオススメ!

指南書どおりに食べていきます。

ちゃわん武士
まずは、お店のルールに従うのが、食べ歩き道の掟です。
どんな道であれ、「守・破・離」が大切ですね!

カオソイが運ばれてきました。

上からカオソイ

同時に、調味料も用意してくれました。

調味料

カオソイとは、タイ北部の御当地ラーメンで、ターメリックの効いたココナッツカレーのラーメンです。
東京カオソイホームページから引用

パクチーのほかに、高菜、揚げパスタがのっていました。

カオソイ

麺は、少し太めの、北海道産小麦の中華麺でした。

麺

スープは、タイカレーベースの濃厚スープでした。辛いものがちょっと苦手な人でも、食べれる辛さでした。

ちゃわん武士
見た目は辛そうだったけど、思ったより辛くないぞ!

スープ

チキンも入っていました。とても柔らかった。

チキン

揚げパスタは、カリカリでした。

揚げパスタ

半ライスは、ぜひとも頼んでほしい。

半ライス

スープの中心に、勢いよく、ドボンと投入します。

スープとライス

カオソイ用チリオイル(ラー油)をたっぷり入れるのが、激ウマになれるポイントです。
実際は、オイルを入れるというより、具材(黒いやつ)を入れます。
※チリオイルもそこまで辛くありません。チリパウダーの方が辛いです。

このライスとチリオイル(具材)とスープの組み合わせを、食べてるか・食べていないかで、カオソイの満足度が全く違ってきます。

焦がしラー油とライス

辛くしたい方は、チリパウダーを入れましょう。

日本人にとっても食べやすい、タイ料理でした。

ちゃわん武士

カオソイ、ハマりそう♪

ディナーなら、ネット予約が便利です!

ホットペッパーグルメから予約できます。クーポンもあったので、要チェックです。

ホットペッパーグルメで予約する

ご馳走さまでした。

東京カオソイ
東京都渋谷区恵比寿南1-23-1
営業時間:[月~金]11:00~14:00 17:00~20:00
定休日:土日祝

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・