【渋谷】台湾のクレープ屋さんから始まったタピオカドリンク専門店「瑪蜜黛(モミトイ)」に行ってきた!

ちゃわん武士です。

渋谷、原宿エリアはタピオカドリンク激戦区。

並んでいるところもあれば、すぐ買えるところもあります。

正直、どこで買えばいいんだろう状態。

渋谷のタピオカ事情についてはまとめているので、そちらを参考にしてください。

今回は、『瑪蜜黛(モミトイ) 渋谷井の頭通り店』さんを紹介します。

瑪蜜黛(モミトイ)さんってどんなお店なの?

台湾のクレープショップ「MOMI & TOY’S」から生まれたタピオカドリンク専門店です。

北海道、東北(岩手、宮城)、関東(東京、神奈川、千葉、埼玉)、中部(静岡、石川、山梨)、近畿(兵庫、京都)、中国(岡山、広島)まで日本各地で店舗展開しています。
東京だと、蒲田、新大久保、品川シーサイド、国立、渋谷に店舗を構えています。

瑪蜜黛さんのメニューは?

※渋谷井の頭通り店のメニューをもとに紹介します。
税抜価格で表記しています。

メニュー

タピオカストレートティ(珍珠茶)

  • 瑪蜜黛(モミトイ)ブレンド紅茶 M:420円 L:520円
  • 蜜香紅茶 M:490円 L:590円
  • 白毫茉莉花茶 M:440円 L:540円

タピオカミルクティ(珍珠鮮奶茶)

  • 瑪蜜黛ブレンドミルクティ M:460円 L:560円
  • 蜜香ミルクティ M:530円 L:630円
  • 白毫茉莉花ミルクティM:480円 L:580円
  • ほうじ茶ミルクティ M:480円 L:580円

タピオカホイップミルクティ(珍珠奶油鮮奶茶)

  • 瑪蜜黛ホイップミルクティ M:500 円 L:600円
  • 蜜香ホイップミルクティ M:580円 L:680円
  • 白毫茉莉花ホイップミルクティ M:520 円 L:620円
  • ほうじ茶ホイップミルクティ M:520円 L:620円

タピオカミルク(珍珠鮮奶)

  • 特製黒糖ミルク M:490円 L:600円
  • 宇治抹茶ミルク M:530円 L:650円
  • 特製いちごミルク M:550円 L:670円
  • パパイヤマンゴーミルク M:530円 L:650円
  • ピスタチオミルク M:510円 L:630円
ちゃわん武士
ピスタチオミルクは珍しいですね!

トッピング

  • タピオカ増量 100円
  • ホイップ増量 100円

チーズティー

  • 【期間限定】チーズフォームタロイモミルク M:590円 L:720円

瑪蜜黛 渋谷井の頭通り店さんで、タピオカミルクティー飲んできました!

8/28にオープンしました。店員さんに人気商品を聞いてみると、特製黒糖ミルクと特製いちごミルクでした。もはや、どの店でも、上位に入る、鉄板メニューですね!

甘さ控えめがいい人は、瑪蜜黛ミルクティ、蜜香ミルクティがおすすめだということでした。

アクセスは?

JR渋谷駅ハチ公改札から5分くらい歩いたところ、東急ハンズ近くにあります。

どんな雰囲気のお店なの?

テイクアウトのみなので、席はありません。注文口と受取口が分かれているようです。
混んでなかったので、注文口で受け取りました。

▼受取口

受取口

注文の流れは?

  1. ドリンクを選ぶ
  2. HOT or ICE
  3. 甘さを選ぶ
    • 微糖
    • 半糖
    • 普通 【おすすめ】
  4. 氷の量を選ぶ
    • なし
    • 少なめ
    • あり 【おすすめ】

さて、お味は?

『瑪蜜黛ブレンドミルクティ Mサイズ』を注文しました。

特長
ミルクティーは、かなりクリーミーで、甘さは普通でもそれほど甘くない

混ざっているので、色は統一色です。

瑪蜜黛ブレンドミルクティ

ホイップ入ってるじゃないかと思うほど、クリーミーなミルクティー。
これは、シンプルながらも、クオリティーが高くなっていた。

タピオカの大きさは、若干小さめで、程よいもっちりした食感でした。
タピオカの量は少なめ。ミルクティーを生かすためには、これくらいの量がちょうど良いと感じました。

タピオカ

渋谷でタピオカドリンクをお探しなら!

渋谷でタピオカドリンクを飲めるところをまとめています。参考まで。

あわせて読みたい

はじめにタピオカドリンク(タピオカミルクティーやタピオカミルク)といえば、台湾からきたお店が圧倒的に多いです。最近は、台湾に加えて、日本、タイ、韓国からきたお店も、ちらほら増えてきました。タピオカブームも再燃しているなか[…]

渋谷駅

 

ご馳走さまでした。

瑪蜜黛(モミトイ) 渋谷井の頭通り店
東京都渋谷区宇田川町13-11
営業時間:11:30~23:00
定休日:なし

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・