ティーパックの紅茶をより美味しく淹れるコツ

最近、ファミレスで仕事することがありました。久しぶりにいってみると、ドリンクバーの進化がすごい。

  • コーラなどの、炭酸系のジュース
  • 野菜ジュースや、オレンジジュースなどの、ジュース
  • コーヒー、エスプレッソ、カフェラテ、抹茶ラテ、コーヒー系飲み物
    ※挽きたては当たり前で、抹茶ラテなども作れる、高機能マシンがある
  • 緑茶やジャスミン茶などお茶や、紅茶、ローズヒップティなどのハーブティーなど、お茶系飲み物
    ※「ティーパック」のものから、「茶葉」のものまで、ある

そこで、紅茶セミナーも開いたことがある、紅茶マニアが、ティーパックの紅茶を、より美味しく淹れるコツを説明します。

質問

まず、普段はティーパック紅茶をどのように淹れてますか?

①カップのなかに、ティーパックを淹れてから、お湯を注ぐ人。
②カップのなかに、お湯を注いでから、ティーパックを淹れる人。

①のタイプですか?それとも、②のタイプですか?

答え

理屈からいくと、②が正解です。

その理由は、「渋み」が関係しています。美味しいとされる紅茶は、ある程度の「渋み」を必要とします。
ある程度の「渋み」とは何でしょう?

以下のような経験ありませんか?

  • ティーパックをずっとカップの中にいれていて、「(渋すぎて)美味しくない」という経験
  • ティーパックを早く取りすぎて、「味、薄い」という経験

これらの経験もわかるとおに、ティーパックを引き上げるのに、ベストなタイミング(いわゆる、抽出時間)が存在するということです。
もちろん、人によって好みの味が異なるので、自分にとってのベストなタイミングは異なります。だけど、プロの人が試行錯誤し、多くの人が美味しいと感じる時間を、箱など表記してくれています。これを信じない手はありません。まずは表記どおりに淹れるのがポイントです。

ポイント1
きっちり時間を測る。プロが導き出したベストな抽出時間なので、表記どおりに淹れてみましょう♪

次に、抽出しているときに、やってはいけないことがあります。それは、ティーパックを上下に動かしてしまうことです。
上下すると、ティーパックのなかから、色(水色)がでてきて、一見、紅茶がでてくる感じがしますが、それと同時に、余計な渋みも出ています。何もしない(放置した)状態で、ベストな抽出時間を出しているので、ティーパックを上下に動かしてしまうと、渋みのタイミングがずれてしまいます。
それを踏まえた上で、「ティーパックをカップに入れるとき」と、「カップから引き上げるとき」を気をつければ、一層美味しくなります。

ティーパックをカップに入れるとき→優しくそっとお湯につける
ティーパックをカップから引き上げるとき→優しく、引き上げる

①は、ティーパックにお湯がダイレクトに当たることで、余計な渋みがでてしまうので、②の方が良い。

ポイント2
ティーパックを上下に動かさない。優しくそっとお湯につける。優しく引き上げる。

今では少しお馴染みになってきましたが、リプトンイエローラベルなどで採用されている、ピラミッド型のティーパック。
なぜ、あの形になってから、ご存知でしょうか?
理由は、ティーパック内に空間を作ることで、茶葉自体が自ら動いてくれるスペースを作れるからです。これにより、ジャンピングという状況が発生しやすくなり、美味しくなるという理屈です。なので、昔ながらの平べったいティーパックでも、できるだけ広げること(立体にする)で、美味しくなります。

ポイント3
昔ながらの平べったいティーパックをできるだけ広げる(立体にする)

最後に、最も重要だといえるのが、水の温度です。100度近くのお湯。
やかんだと、先から水蒸気がめっちゃでている感じ。鍋だと、表面がポコポコなっている感じ。それくらい熱々のお湯がベストです。そして、勝負はここから。もし抽出時間が5分だったら、その間、いかに冷めないようにできるかが、より美味しく淹れるポイントです。

お湯を冷めないようにする具体例

  • 事前に、お湯を入れ、カップを温めておく
  • カップに皿を乗せるなどして、蓋をする
  • 持っているハンカチ、タオルなどを、その上からかぶせる
ポイント4
お湯はできるかぎり熱々。そして、冷めないように工夫する

以上、ティーパックの紅茶をより美味しく淹れるコツでした。
ファミレスのドリンクバー、職場やご家庭でお試しください。