【カフェ・紅茶】chai break(チャイブレイク)さん@吉祥寺

ちゃわん武士です。

先日、吉祥寺にある、chai break(チャイブレイク)さんを再訪しました。吉祥寺で、有名なやきとりや『いせや総本店』さん側の、井の頭公園の入口そばにあります。ここは、紅茶専門店のなかでも、珍しいチャイの専門店です。もちろん、チャイ以外の紅茶もあります。

チャイは、インドを中心した地方では、「茶」を表す言葉です。
すなわち、

「ちゃ」=「ティー(tea)」=「チャイ」

ですね。
だけど、一般的には、「スパイス入りの、煮出した、ミルクティー」のことを指す場合がほとんどです。
「スパイス入ってないから、これはチャイじゃない!」と怒る人は、要注意ですね!笑

僕も昔、チャイ作りにハマっていた時期があって、自宅で毎日、チャイを作ってました。

きっかけは、都内にある、紅茶専門店をひたすら巡っていた時期に、神保町にある、『セイロンドリップ』さんで、フレンドリーな店長さんと、たまたま横にいた女性とで、紅茶話で盛り上がり、いろいろと教えてもらったときに、チャイブレイクさんの「チャイ」の話になりました。そして、ここチャイブレイクさんの「チャイ」を飲んでから、どハマりました。
もちろん、チャイブレイクさんで配合された、チャイのもとを購入して、作ったこともあります。いろいろ試したからこそ、わかるのですが、さすがチャイ専門店だなーと凄さを実感しました。

僕が感じた、チャイ作りの面白さは、

  • スパイスを、何にするのか?
  • ベースとなる、茶(紅茶、ルイボスティー etc)を、何にするのか?
  • ミルクの濃さはどれを使うか?
  • どれくらいの甘さにするのか?

で、全く違う味になることです。組み合わせで、面白さ∞!マジで、「チャイ」は奥深いなと感じました。

前置きはさておき、チャイブレイクさんを紹介します。

雰囲気

おしゃれタウン、吉祥寺ならではの洗練された空間。スパイスまでもがインテリアとなる。
広めのカウンター席の他、テーブル席もあります。
茶葉やスパイスの販売スペースも併設されており、購入することもできます。テイクアウトもできるので、店内を利用せず、井の頭公園を散歩しながら、飲むのもオススメです。

木でできた、広めのカウンター。

カウンター

スパイスまでもがインテリアとなる。

チャイブレイク店内

道具も整理整頓されていて美しい。

キッチン

メニュー

ドリンク

チャイ(スパイスなし)

  • 煮出しミルクティー 594円
  • 特濃煮出しミルクティー 702円

スパイスチャイ

  • オリジナルチャイ 702円
  • シナモン 680円
  • ジンジャー 680円
  • バニラ 680円

紅茶(ポットサービス)

  • 旬のセイロン 756円
  • 季節のダージリン 810円

アイスチャイ

  • 煮出しアイスミルクティー 648円
  • オリジナルアイスチャイ 756円
  • アイスシナモン 734円
  • アイスジンジャー734円
  • アイスバニラ 734円

フード

  • 自家製ブリオッシュのフレンチトースト 918円
  • フレンチトースト&ティーセット 1,458円
  • チャイブレイクセット 680円
  • 本日のマフィン 324円より
  • 生姜のミルクプリン 410円

平日のモーニングが人気です。なかでも注目は、煮出しミルクティー(お替わり自由)※の表記

モーニングセット(平日9:00-11:00) 756円

  • サラダバー
  • 3種のシリアルバー
  • 煮出しミルクティー(お替わり自由)※

実食

『オリジナルチャイのホットと、チャイブレイクセット』を注文しました。

チャイ

ふわふわのなかにも、ほどよい甘さと、気持ちも温まるスパイスが感じられます。

チャイブレイクセット

スパイス入りのシロップもかけることができる、ミルクプリン。

本日のマフィンも6種類のなかから、選ぶことができました。どれも美味しそうで魅力的。バナナのマフィンにしました。マフィンもクッキーも、レベル高し。美味しくいただきました。

チャイで、ブレイクすることができました。
ご馳走さまでした。

 

チャイブレイク (chai break)
東京都武蔵野市御殿山1-3-2
営業時間:[月~金]9:00~19:00[土・日・祝]8:00~19:00
定休日:火
2018年6月11(月)〜21(木)に、仕入でインドいくみたいなので、お休みです。ご注意ください。

 

食べ歩きの道は、まだまだ続く・・・

吉祥寺のカフェの最新記事4件